MENU
目次
BLF family
家づくりブロガー
17社以上のハウスメーカーを検討して最終的に住友林業と契約し”子どもと楽しく過ごす家”を建築中。
家づくりについて最初から全て記事で記録しています。
ハウスメーカーでも断熱性も高めたい。

【BLF 子連れで旅行】 ふふ熱海 別邸 木の間の月に泊まりました

ブログに来ていただいてありがとうございます。

このブログはBLFというハウスメーカーを17社以上検討して住友林業と契約した施主が注文住宅を建てる過程を記録しているブログになります。

家を建てようと思ってからハウスメーカー検討→打ち合わせ→家の建築と家を建てる過程を記録に残していますので、ぜひ最後までご覧ください!

参考になると嬉しいです!

*間違っているなどあればできるだけ正しい情報を提供したいのでご指摘ください。

今回はお家づくり記録ではなく、旅行に行ってきた感想をブログで紹介したいと思います。

その旅行先とは・・・

タイトルにあるようにふふ熱海 別邸 木の間の月宵月/YOIです。

本当に素敵なお宿でした!

コロナもなかなか収束せず、旅行に気軽に行けない日々が続いていますがこれから旅行先を考えている方の参考になれば幸いです。

今回の記事では

  • ふふについての概要
  • ふふ熱海 別邸 木の間の月 宵月/YOI のお部屋紹介・備品紹介
  • ふふ熱海 別邸 木の間の月 宵月/YOI の泊まってみての感想(子どもと泊まってみて)

についてまとめた記事となっております。

実際に撮った写真もたくさん載せるので
参考になれば嬉しいです!

では、早速はじめます。

記事のもくじ

「ふふ」の宿泊施設とは

まずは、私たちの宿泊先である「ふふ」シリーズの概要からおさらいしてみます。「ふふ」シリーズはカトープレジャーグループが全国に展開する高級旅館です。

宿泊した感想は、星○リゾートよりワンランク上のイメージです。

そんな「ふふ」は、

  • ふふ熱海
  • ふふ河口湖
  • ふふ奈良
  • ふふ京都
  • ふふ日光
  • ふふ箱根

と2022年4月現在、全国に6カ所あります。まだ全国に6カ所しかありませんが、世界初日本リゾート「世界に発信できる日本のトップリゾートをつくる」というコンセプトで宿泊施設を展開しています。

その中でも一番新しい施設は、ふふ箱根で2022年1月26日にグランドオープンしたばかりです。

全部行ってみたいね!

その中で今回、私たちが宿泊したのはふふ熱海です。

ふふ熱海とは

ふふ熱海とは、2007年12月22日に開業した全24室が全てスイートルームの宿泊施設です。各室には、客室露天風呂や寝湯、足湯が完備されており、森林浴を贅沢に堪能する事ができます。

ふふ熱海は都心から50分と比較的アクセスもよく、自然豊かな木々に囲まれ季節を感じるロケーションにあり、海景に導かれ、自然の中に身を置き温泉につかるゆったりとした時間を過ごすことができます。

ふふ熱海の本館は32室全て露天風呂付きのお部屋でプライベートも保たれています。

海外には行けないのですが、国内でも海外のような現実と離れた感覚を味わうことができます。

そして今回私たちはふふ熱海を選んだ理由は木の間の月です。そう、私たちが宿泊したふふ熱海 別邸「木の間の月」は、ふふ熱海の本館とは違い、さらに高級感のある別邸となっています。

ふふ熱海 館内図
ふふ熱海 館内図

ブログを書いている現在でちょうど1周年と新しい宿泊施設です。

ふふ熱海 別邸 木の間の月とは?

ふふ熱海 別邸「木の間の月」2021年4月20日に開業と1年前に開業したばかりの施設です。ただ人気も高いため既に予約がいつも埋まっていてなかなか予約が取れません。

そんなふふ熱海別邸木の間の月は

  • ふふラグジュアリープレミアムスイート (2部屋)
  • プレミアムコーナースイート (1部屋)
  • プレシャススイート (3部屋)

の3つのランク6部屋の構成です。そのため部屋数もわずか6部屋しかないというのも予約が取りにくい理由ですね。

ずっと予約が取れないかみていたのですが、今回偶然にも私たちの予定に合う部屋が空いていたので、思い切って予約して宿泊してきました。

そんな私たちが宿泊したお部屋宵月/YOIふふラグジュアリープレミアムスイートでした。

いままで泊まった宿泊施設の中でずば抜けて凄かったです!!!

ふふ熱海のチェックインのまでの流れ

では早速、私たちの宿泊レポートを書いていこうと思います。ふふ熱海はチェックインから他のホテルとは違いました

STEP
車でふふ熱海へ到着

私たちは車でふふ熱海へ行きました。到着すると、入り口でホテルマンに名前を聞かれ

ホテルマン

BLF様ですね。駐車場はあちらです。

と誘導されて車を停める形でした。入り口では、他のホテルマンがお出迎えしてくれ荷物などの運搬を手伝ってっくださりました。

STEP
ロビーを通り越していきなり部屋へ案内

別邸は本館とは違う棟のため最大6組しか宿泊していません。そのためロビーはこじんまりしたものでした。

ホテルマン

いらっしゃいませ。
お部屋でチェックインを行いますのでそのままお部屋へご案内します。

そしていきなりそのまま部屋まで案内してくれます。

STEP
廊下を通り部屋へ向かう

廊下を通って

ふふ熱海 廊下
ふふ熱海 廊下

エレベーターに乗り、お部屋に到着です。

宵月の入り口
宵月の入り口

お部屋に行くまでの道のりも素敵でした。

STEP
部屋に早速入り、その部屋でチェックイン

そして部屋に入ったところでチェックインしてもらいました。

ふふ熱海の部屋
ふふ熱海の部屋

いきなり走り回る娘。そんなことも許容できるほど広々とした客室でした。

こちらの別邸は6部屋とお食事処しかない事もあり、基本的にお部屋に行くまで他のお客さんと接することはありません。

そしてチェックインの手続きも部屋の中で行ってくれるということで今のご時世に配慮してくれるホテルでした。

チェックインまでノンストレスでした!

お部屋の紹介

続いて私たちが泊まったお部屋の紹介です。

宵月のプレートもオシャレです
宵月のプレートもオシャレです

今回のお部屋 宵月/YOI は、

定員:4名様 / フロア:3階 / ルームタイプ:セパレート

でした。

部屋の内観は?

お部屋を入ってすぐの景色はこちらです。

アルコールも完備の玄関
アルコールも完備の玄関

玄関には、人数分の館内靴とアルコールが置いております。

そして、お部屋に入った瞬間とても良い香りがしたのですが、こちらが置いてありました。

ふふオリジナルのアロマストーン
ふふオリジナルのアロマストーン

ふふオリジナルのアロマストーンでした。柑橘系のスッキリとした香りで万人受けしそうなすっきりとした香りでした。

メインフロアはこのような感じです。

ふふ熱海 公式HPより引用

家族3人で泊まるにはもったいないくらいの広さで開放感のあるメインフロアです。

そして中庭はこちら 

中庭 リビングからの景色
中庭 リビングからの景色
中庭からリビングを見た写真
中庭からリビングを見た写真

中庭の中央部分では焚き火が出来るようになっており、お昼はもちろん、暗くなってからの雰囲気も抜群です。

中庭はかなり広く、テーブルや椅子も配置してありテラスで軽食を取るのも可能でした。

娘がひたすら走り回って楽しそうにしていました。

続いて、メインルームからベットルームへ向かう途中にあったウォークインクローゼットはこちらです。

ふふ熱海 クローク
3人分の衣類を掛けるには充分な広さです
ふふ熱海 WIC
WICも広くて使いやすいです

3人で使うには、充分すぎる広さで、荷物も散らかし放題です。

ベットルームはこちらです。

ふふ熱海 ベット
シモンズ製のベットは寝心地最高でした

ベットはシモンズ製で、ふかふかです。寝心地も最高でした。

ベットルームからも中庭に繋がっており、回遊できる間取りとなっていました。

お家づくりの参考にもなりそうだよね!

トイレは?

トイレは2カ所で、入り口付近とウォークインクローゼットの隣にありました。

ふふ熱海 トイレ
入口付近のトイレ
ふふ熱海 トイレ
WIC付近のトイレ 娘も写ってますが笑

トイレは、ゆとりを持った広さでした。トイレメーカーはどちらもTOTOネオレストAHでした。

トイレが2カ所の宿泊施設も初めてでした。

浴室は?

お風呂は、室内と

ふふ熱海 木の間 洗面
洗面も2カ所ついてる
ふふ熱海 木の間 風呂
室内の浴槽も広いです

屋外に1つ露天風呂が付いています。

ふふ熱海 木の間 風呂
外の光も入りつつ、完全プライベート空間です

いつでも露天風呂に入り放題です!
私たちは、夜と朝と2回楽しみました。

しっかりとシャンプー、コンディショナー、ボディーソープも置いております。

良い香りがしました

と、このような感じでお部屋はかなり広く定員は4名ですがかなり広さがある客室でした。

大人2人、幼児1人だととても広くてゆったりできました。

備品も色々あります

続いて、お部屋に備え付けで置いてあったものの紹介です。

メインフロアには、バルミューダのケトル

ふふ熱海 BALMUDA
なぜか蓋の外れているバルミューダのケトル

ネスレのコーヒーメーカー

写真を撮り忘れましたので 公式HPより引用

ベットルームには、cadoの加湿器

ふふ熱海 CADO
オシャレ家電cadoの加湿器

洗面には、ダイソンのドライヤーが完備されていました。

写真を撮り忘れました 公式HPより引用

お部屋にある備品はどれも一流ブランドのものが置いてあります。

妻はテンション上がりっぱなしです。

軽食もありました

続いて、お部屋にあって無料で備え付けられていた軽食類です。

おつまみセット

ふふ熱海 おつまみ
(左)ドライフルーツ・(真ん中)ポテチ・(右)ナッツ類

こちらは無料で食べられるおつまみセットでした。

全部美味しかったけど、真ん中のポテトチップスが特に美味しかったです

冷蔵庫内

ふふ熱海 飲み物
値札かついているもの以外はフリードリンクです

こちらも基本的に無料で飲めるドリンクでした。ポットの中は、子どもも飲めるようにお茶はノンカフェインを用意してくれました。また妊婦であることを事前に伝えていたところカフェインフリーのお茶も用意してくれて感激でした。

子ども用も麦茶も用意してくださってました!
また、アルコール類もありますが値札がかかっていなければ
フリードリンクです。

そして、お金がかかるものはこちら

ふふ熱海 ワイン
ワインの用もありました

一流ワインももちろん用意があります。

有名なオーパスワンのワインもありますね!

と宿泊料金は高いですが、軽食類は充実していました。というかオーパスワンが棚の中にあるなんてすごいですね(笑)

ふふ熱海 夕食・朝食の紹介

続いて、大切なお食事についてです。ふふ熱海は基本的には夕食がついている宿泊プランが多いです。ホテル内には鉄板焼きや和食、寿司などから食事を選ぶことができます。

娘が小さかったこともあり、鉄板焼きは難しいため、今回はふふ別邸の1階にある鮨割烹 海の悠波で夕食・朝食ともにいただきました。

鮨割烹 海の悠波 カウンター席

鮨割烹はカウンターと半個室がありますが、どちらにするかは事前に聞かれませんでした。ただ、私たちは子連れで娘が2歳がいたことからか個室を用意してくださりました。

鮨割烹 海の悠波の夕食は?

そして実際のお食事はというと…

ふふ熱海 夕食
私たちが利用した個室

そして、専属の板前さんが料理をふるってくださりました。

ふふ熱海 夕食
目の前で握ってくれるお寿司最高です

夕食はこちらでした。

ふふ熱海 夕食 寿司
夕飯の一部です

子ども用に用意してくださったふりかけご飯

ふふ熱海 夕食 子ども
この他に玉子焼きなどを作ってくれました

板前さんが常にいらっしゃったので夕食はアレルギー対応や妊娠中や授乳中で食べられないものがある場合、確認しながら色々と工夫して料理を出していただけます。

(事前に宿泊前に申告する必要がありますが、当日も色々と聞いて料理を作ってくれます)

板前さん

お魚は炙ってお出ししますか?

さすがの気遣いに感謝しっぱなしのBLFファミリーです。

美味しすぎてここだけでも来たいくらいでした。

朝食は?

そして、朝食はこちらでした。

ふふ熱海 朝食
御膳と温かいかまどの用意がありました

朝食は、このような感じで御膳を用意してくれます。

ご飯はかまどで炊いたものを用意してくれていました。

泊まってみての感想

宿泊してみての感想は、記念日など特別な日にはまたリピートしたい!と大満足でした。

一泊の料金が高いので、日々の旅行には難しいですが
必ずリピートしたいです!

記念日としてカップルや夫婦で訪れるのも当然もちろんオススメですが、個人的にはファミリーで行くのが楽しいかなと思いました。

ファミリーで行くと楽しいと思う理由

ファミリーで行くと(特に小さい子がいると良いと思う)理由は

  • 宿泊代は2歳だと無料
  • お部屋には中庭も付いておりちょっとした遊びができる(シャボン玉や簡単なボール遊び等)
  • お部屋に露天風呂が付いているので家族て楽しめる
  • 夕食や朝食など簡単なふりかけご飯やお味噌汁も無料(個室の用意もしてくれた)
  • 部屋数が限られており他のお客さんと接しない・迷惑があまりかからない

と小さい子どもがいても親もストレスなく過ごせる環境が整っていました。また、充実したお部屋、サービス、お食事も美味しく子どもが暴れまわっても部屋が広いので全く問題ありません

料金はかなり高いですが、記念日には本当におすすめしたい宿でした!

子どもと行ける宿ってそんなに多くないから意外にも良かったです!

また、カップルなどで行くとラグジュアリーなバーもあったりするので特別な体験ができるかな?と思います。

Lounge孝 / たか
Lounge孝 / たか

BLFファミリーの評価は?

BLFファミリー独断と偏見で評価をするとこんな感じです。

  • 客室         ☆☆☆☆☆
  • お食事        ☆☆☆☆☆
  • サービス       ☆☆☆☆☆
  • 子どもと宿泊オススメ度☆☆☆☆

客室・お食事・サービスは☆5つでMAXです。子どもと宿泊オススメ度が☆4つなのは、ウェルカムベビー宿などとは違い、おむつやお尻ふきなどの用意はありません。

流石にそこまで求めるのは求めすぎなのですが、子どもが0歳などで小さい場合、ある程度荷物を持ち込む必要があるかな?と思ったので一つ☆を減らしました。

ただ、総括するととても素敵なお宿でした。

どうやって予約した? 予約の方法

満足度も高く、ふふ熱海別邸は6部屋しかないこともあり予約をみると満室という事も多いですので、事前にチェックして前々から予約しておくことが大切かなと思います。

私たちは、ふふの公式サイトから予約をしました。そして土日祝日は満室の事も多いので平日が狙い目でした。ふふ熱海は予約のキャンセルが宿泊日の7日前まで無料でできます。(私たちの時は)

そのため狙っている日が満室の場合はこまめにサイトを確認するのも手でです。

私たちは有給を使って、平日に宿泊しましたが!

そのほかヤフートラベルなどで予約するとポイントがもらえたりするのでぜひチェックしてみてください。

現在みんなが旅行し始めているため予約が取りにくいので先の予約を確保しておくのがオススメです。

まとめ

今回は、私たちが宿泊したふふ熱海 別邸 木の間の月の宿泊レポについて書いてみました。

ふふ熱海別邸は、

  • 客室         ☆☆☆☆☆
  • お食事        ☆☆☆☆☆
  • サービス       ☆☆☆☆☆
  • 子どもと宿泊オススメ度☆☆☆☆

全てにおいて、私たちは満点で高評価でした!

また、子連れにも優しく

  • 宿泊代は2歳だと無料
  • お部屋には中庭も付いておりちょっとした遊びができる(シャボン玉や簡単なボール遊び等)
  • お部屋に露天風呂が付いているので家族て楽しめる
  • 夕食や朝食など簡単なふりかけご飯やお味噌汁も無料(個室の用意もしてくれた)
  • 部屋数が限られており他のお客さんと接しない・迷惑があまりかからない

といった点からファミリーにも是非オススメしたいお宿となっています。ぜひ皆さんも泊まってみて感想を教えてくださいね😁

ということで今回はこれで終わりになります。

最後まで読んでいただきありがとうございました!このブログはにほんブログ村に参加してランキング上位を目指しています。

面白かったよ〜という方は是非応援をよろしくお願いします😃

PVアクセスランキング にほんブログ村

これまでの記事のまとめはこちらからチェックしてみてください😀

これまでの内覧会はこちらです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

記事のもくじ
閉じる