ついに公開?住友林業の施主のパース内覧会Ⅴ ウォークインクローゼット編

ブログに来ていただいてありがとうございます。

このブログはBLFというハウスメーカーを17社以上検討して住友林業と契約した施主が注文住宅を建てる過程を記録しているブログになります。

家を建てようと思ってからハウスメーカー検討→打ち合わせ→家の建築と家を建てる過程の全てでブログにのこし記録に残しています。これから家を建てる人、家を建築中の方に体験談も含めて色々実体験を200記事以上にまとめています。

なのでどこかに必ず参考になる記事があると思いますのでぜひ最後までご覧ください!

参考になると嬉しいです!

*間違っているなどあればできるだけ正しい情報を提供したいのでご指摘ください。

2021年5月に契約してからはや1年。私たちもついに着工を待つのみとなりました。

そんな私たちの間取りや仕様については打ち合わせで流れは公開してきましたが、打ち合わせ記事も増えすぎてきておりわかりづらくなってしまったな〜と思います。

ということで今回から住友林業で契約した私たちの間取りを公開しながら、これまで打ち合わせで検討し決定したこだわりポイントについて解説してみたいと思います!

第5弾はウォークインクローゼットです。ウォークインクローゼットは妻の憧れ空間で、家を立て始めた時から一番こだわりたい部分でした。そんな我が家のウォークインクローゼットを紹介します。

この記事でわかること
  • BLF家族のウォークインクローゼットのコンセプト
  • BLF家族のウォークインクローゼットの内覧会
  • BLFがつけたオプションと費用

ウォークインクローゼットは収納効率何それです笑

記事のもくじ

私たちのウォークインクローゼットは?

ということで早速ウォークインクローゼットの間取りから紹介していきます。

我が家のウォークインクローゼットは独立した空間となっています。イメージとしては収納のついた妻の書斎です。

そのため我が家に3つしかつけない予定のエアコンも装備されています。

憧れの空間です。

WICの間取り
WICの間取り

大きさとしては4.2帖です。この大きさで

  • ドレッサーを置くスペース
  • 鏡スペース
  • 収納スペース

があります。

私たちのウォークインクローゼットのコンセプトは?

ウォークインクローゼットのコンセプトは”妻の憧れ”です。

妻はもともと賃貸でもWICがある賃貸を探すほどの生粋のWIC好きです。そのため収納効率が悪いなど言われるWICですが、入れない選択肢はなく、むしろどんな空間より優先されました(笑)

そしてテイストとしては、ヨーロッパ風のモダンな雰囲気です。

WICも契約前からガンガン打ち合わせていました。

実際のパース画像の紹介

そんなWICのパース画像はこちらです。

WICのパース
WICのパース

床材:住友林業クレストマホガニー挽板(標準)

壁紙:Wiliam Morrisのchrysanthemum Toile

照明:トーヨーキッチンのシャンデリア

です。この空間はそのほかの居室空間とは雰囲気の違うアンティークな空間となっています。

床材はマホガニーです。マホガニーは傷つきやすい床材として有名で、こどもがおもちゃで遊ぶであろうメインフロアは絶対に使えない床材でした。

ただ、WICについては基本的に人目に触れる空間ではありませんし、こどももほとんど来ない予定のため思い切ってマホガニーにしました。ただ住友林業では標準にマホガニーの挽板はあるため、特に差額は必要がありませんでした。

これには住友林業のありがたみを感じました。

そして入って収納スペースの真ん中にはトーヨーキッチンのシャンデリアを入れました。

WICのパース
WICのパース

このシャンデリアはトーヨーキッチンのグレイチェスシャンデリアという商品です。

WICにシャンデリアが憧れだったことと、見た目のわりに安いかな?と思ってインテリアコーディネーターさんのオススメどおりに導入しました。

金銭感覚がおかしくなってる…

実際に展示場などで実物も見ましたが素敵だったので後悔はありません!笑

そして壁紙には同様に憧れだったウィリアムモリスの壁紙を採用しています。

種類はchrysanthemum Toileで”菊のトワル”という意味の壁紙です。この壁紙も妻とインテリアコーディネーターさんが入念に打ち合わせて紆余曲折あり選びました。

WICで追加したオプションは?

WICで追加したオプションはこちらです。

  • 輸入クロス(ウィリアムモリス)→+15万
  • クローゼット収納→+8万円
  • トーヨーキッチンのシャンデリア→+7.3万

です。意外にも一番高いのは輸入クロスでした。この金額についてはインテリアコーディネーターさんもびっくりされていました(笑)

ただ、WICはこだわりの空間とするべくここはお金のかけどきということで思い切ることにしました。

また、クローゼット収納も普通の収納だと白一色のようだったため、おしゃれな雰囲気にあうように床材と合わせた色を選ぶことができる住友林業クレスト製のクローゼット収納を選択しました。

いかに部屋中がおしゃれでも、収納が真っ白だったら少し悪目立ちしてしまうのでここは気をつけたほうが良いと思います。

まとめ

今回は住友林業で契約した私たちのウォークインクローゼットについて紹介しました。

WICのコンセプトは”妻の憧れ”です。そのため

床材:住友林業クレストマホガニー挽板(標準)

壁紙:Wiliam Morrisのchrysanthemum Toile

照明:トーヨーキッチンのシャンデリア

を導入しました。ドレッサーは今の所Francfrancの今も持っているものを入れる予定ですが、雰囲気に合わせて完成後は新しいドレッサーにしたいな….という企みもあります(笑)

住み始めたらどんどん理想のWICに近づけていくよ!

ということで今回はこれで終わりになります。

最後まで読んでいただきありがとうございました!このブログはにほんブログ村に参加してランキング上位を目指しています。

面白かったよ〜という方は是非応援をよろしくお願いします😃

またコメントもいただけると励みになりますので、お気軽にしてくださいね😁

最近Instagramもやってます!

家づくりについての投稿もしてますので是非チェックしてくださいね✨

PVアクセスランキング にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

記事のもくじ