【家づくり体験談】QUOカード目的?でタマホームの展示場に初訪問してみた

こんにちはQUOカード住宅展示場が大好きなBLFです。

私たちは注文住宅を建てたいと考えていろんなハウスメーカーを現在検討しつつブログを運営しています。家づくりについての記事をたくさんあげていますので、もし参考になれば別の記事も見てみてくださいね!

よろしくお願いします。

今回はローコスト系も検討したいということと、クオカードに惹かれてタマホームの展示場に見学に行った体験談をご紹介します。

ローコスト系でタマホームを選んだ理由は一番知名度があって、性能も良さそうだったからというのは建前で

何よりQUOカードがもらえるからでした(笑)

タマホームは定期的に五千円など結構大きめのQUOカードプレゼントキャンペーンをやっています。

そんなクオカード目的でなんとなく見に行ったタマホームですが、事前にどんなハウスメーカーなのか?HPを見たりYouTubeを調査したりすると耐震等級や断熱性などの結構性能も良い商品もあり期待感もありました。

ただ、いってみて予約して伺ったタマホームの店舗がかなり衝撃的な展開で、暇そうだった営業さんの暇つぶしだったのか衝撃的な裏話を初見の私にお話ししてくれる展開に…笑

タマホームって人気なイメージだったんだけど、とっても古く、とっても暇そうこういう店舗、営業さんもいるんだなとも感じました。

ということでQUOカード目的?でタマホームの展示場に見学に行った時の衝撃的な体験をご紹介します。

そして本当にQUOカードは貰えたのか?ぜひ最後までご覧くださいね。

この記事のまとめ
  • タマホームの見学のきっかけを紹介
  • タマホームに行って実際に聞いてきた話を紹介
  • QUOカードが実際にもらえたのか?その後連絡がくるのか?について紹介

ではさっそく始めましょう。

記事のもくじ

見学のきっかけはQUOカード?

先日タマホームの見学に行ってきました。

そして見学に改めて行った理由は

  • もともと気になっていたこと
  • CMなど知っていたこと
  • そしてタマホームが3/20・21・22に全国一斉で「売上2000億円達成フェア」として条件を満たすと5000円分のQUOカードプレゼントのキャンペーンを行っていたこと

でした。

このチャンスを逃すまい..

そしてちょうど、ハウスメーカーの見学でハイコストのハウスメーカーばかり見ていた私たち。

ローコストメーカーの家づくりについてやローコスト住宅が建築費用が安いカラクリを知りたいと思っていたので良いチャンスだと思いネットで予約を行いました。

ということでさっそく向かいます。

タマホームの展示場に向かう

と当日予約したタマホームの店舗に向かいました。そしてついたときに

あれ?ここで合ってる?思ってたのと違うな・・・

車を駐車場に停めたとき、率直にそう思いました。

タマホームといえば今かなり人気も高く、実際に大きな街にある店舗の前を通ることもありますが、連日ずっと車が満車状態なほどの人気。

ただ、この展示場は広い敷地の中にモデルハウスが3棟建っていて駐車場は50台ほど停まる広さですが、実際に車は2.3台しか停まっていません。

さらに店舗自体もプレハブのような古めかしい建物の中が事務所でした。

ここが今飛ぶ鳥を落とす勢いのタマホーム?
とりあえず中に入ろう

と中に入ります。

営業さん

いらっしゃいませ。
ご予約されてますか?

と入り口で50代後半女性がお出迎えしてくれました。

10時に予約したBLF(実際は本名)です。
よろしくお願いします。

その店舗に入ると他のお客さんはおらず、営業さんの席も見えましたが、おじさん営業マンだけしかいません。

全体が見渡せる作りになっていたのですが、50代の受付女性50代営業マン二人だけ店内があまりにも閑散としていてとても不安になりました。

ここは本当にタマホームなのか…?
そしてあのおじさんが担当なのか…笑

というのも、よく車で通る位置にあるイメージしていたタマホームの店舗は平日、休日関わらず混んでいる店舗ですごく混雑してるんだろうなと想像していました😅

凄い暇そう。。。
そして、こんな雰囲気だとタマホーム自体にすでに全然魅力を感じない。。。

席に案内していただき、アンケート記入のお時間です。

しばらくすると、席に一人だけ座っていた50代後半の営業マンがいらっしゃいました。

設計士

こんにちは。今回担当します○○です。

営業マンの名刺をいただきます。とどうやら、この店舗の店長などではなく主任の方ようです。

まずは恒例のアンケートを記載をします。

とりあえずこんな感じでいいかな。

とざっと記載してお渡しすると、タマホームの会社についての説明が始まりました。

タマホームについて教えてもらう

まずタマホームとは、どんな会社なのかについてのお話が30分くらいありました。

設計士

タマホームってどんなイメージですか?

と聞かれます。

正直、全然知識がなくて申し訳ないですが、ローコストメーカーの中では一番有名で建物を安く建てられるイメージです!

と素直に答えました。知識も無く、ありきたりな回答になってしまいました。笑

設計士

タマホームの商品などについて簡単に説明させていただきますね。

そんな私を見かねて営業マンさんがそこからタマホームの商品展開、安さの仕組みについて説明してくれました。

タマホーム商品ラインナップ

タマホームには商品がいくつかあります。

例としては

  • 大安心の家
  • 大安心の家PREMIUM
  • 木麗な家

などです。せっかくなのでそれぞれについて簡単にまとめます。

商品:大安心の家

その中では特に大安心の家というのが一番有名です。

大安心の家 公式HPより

「大安心の家」は、屋根材・外壁材・玄関ドアなど色や形を豊富に取り揃えており、色んなバリエーションから自由にセレクトできるのが特徴です。

つまりローコストでは自由設計の自由さが失われて行くわけですが、大安心の家はローコストなのに間取り、仕様の選ぶ幅が大きく自由設計の家といえます。

また、構造も強く一般的な木造軸組構法に壁に構造用耐力面材を用いることで強度を高めています。

大安心の家 構造
公式HPより

その結果、耐震等級3がローコストで標準を実現しています。

安くて耐震等級3で自由設計。
もうこれでいいんではないか?という感じですね。

木麗な家

タマホームの中でもさらに低価格を実現したのが木麗な家です。

公式HPより

夢をかなえる自由設計の住まいを、木の優しさやぬくもりとともにより多くのお客様にお届けしたい。
そんな願いから生まれたのが、「木麗な家」となります。

他の商品では第1種である換気システムが第3種換気システムであること、屋根の陶器瓦が標準ではない点などで坪単価を抑えています。

他にも、期間と地域を限定した商品大安心の家premiumなどがあります。

ローコストと侮るべからずだね

タマホームの安さの仕組み

次にタマホームの安さの仕組みは大きく分けて3つあると説明を受けました。

設計士

タマホームが安いには理由があります。

  • 中間業者を挟まない、工事の直接管理
  • 生産者と直接つながる、新しい流通の仕組み
  • 住宅設備の大量発注によるコストダウン

こちらについて簡単にご説明します。

色々教えてくれる!

中間業者を挟まない、工事の直接管理

大手ハウスメーカーは基本的に自社工場を持っており自社製品を作っています。しかし、タマホームは自社工場がありません

工場持っている方がコストダウンになるんじゃないの?

と思いましたが一概にはいえないようです。

自社工場を持ってる事に対して簡単にメリット・デメリットをまとめていきたいと思います。

〈メリット〉
  • オリジナリティが出せる・特別感
  • 一度その商品をお客さんが気に入った場合、他社には真似出来ないため差別化を図れる

と言ったところがあります。積水ハウスのベルバーンなどがこれに当たりますね。

デメリット
  • 自社製品だからと言って安い訳ではない(むしろオプションになってたりするので高い)
  • 自社工場が海外にあった場合、不測の事態に対応できなくなる(コロナなどで運送出来ない、工場がストップしてしまうなど)

などがあります。

つまり値段自体はメーカーのものを一括、大量仕入れした方が自社の工場を持つより安くできるということです。

とタマホームは自社工場を持たない代わりにサッシ一つでもメーカー(YKK、LIXILなど)から取り寄せて使用しています。

なので、安かろう悪かろうとはならない訳です。

コストを考えると自社工場がない方が安くできるんだね!

生産者と直接つながる、新しい流通の仕組み

例えば、建築するのに使う木材も中間業者を通さず、直接森林組合から仕入れる事でコストを削減しています。

建築棟数や木材の使用量を事前に伝えているため、安定したコストが保てます。ちなみに直接森林組合から仕入れているのは住○林業や一○工務店もだそうです。

住宅設備の大量発注によるコストダウン

設備のトイレ、キッチン、お風呂、玄関などすべて専門の設備メーカーから、直接購入することでハイクオリティな製品が低コストで仕入れる事ができます。

年間の着工棟数に合わせて、事前にメーカーと協議して発注しているため余計な在庫を持つ事もないそうです。

これがタマホームが安く建てられる秘訣でした!

営業マンの爆弾発言が始まる

この住宅設備の話で、営業マンが驚きの発言をするのです。

設計士

例えば、お風呂であれば、TOTOやLIXILから選べるのですが、ある程度、営業マンが誘導して決めてしまうこともあるんですよ。

??

!?!?
どういうこと???

とはてなが出てきます。そしてさらにぶっちゃけトークが続きます。

設計士

現在、そのA会社の商品はお客様が選べなくなってるのです。
ただ、選ばない理由がA会社がタマホームに対しての対応を疎かにしたため本社が怒って、本部命令で社の商品をお客さんに提案しないように休止していると伝えろ!と伝達が下りたからなんです。

とかなりのぶっちゃけが始まりました笑

興味深かったのでどんどん聞いていきます。

実際の事件内容は?

概要をまとめるとこうです。

A社の商品をタマホームと商談する担当B氏がいました。

その後タマホームで取り扱いのある商品C工務店でも取り扱うようにな理、C工務店もB氏が担当することになりました。

そこで、新規のC工務店に力を入れてB氏がタマホームとの取引を疎かにした結果、商品の提供が遅れてしまいお客様に迷惑がかかってしまったそうです。

その事実を知った本社がA社(商品を作っているところ)とB氏(タマホームの担当)に激怒

今後、取引を一切行わないと宣言したそうです。

その際に、実際は選べるA社の製品を廃盤になったとお客様に伝えて、商品を扱わないという強硬手段に出たようなんです。(タネ明かしを顧客である私にしていいのだろうか)

設計士

私たちはそういうのを顕著に行うのも特徴の一つです!!

となぜか自慢げなのですが、もはや自慢なのか?もわからないお話です。笑

な・・なるほど😅
(ぶっちゃけすぎでは。。)

と少し心配になりましたが、顧客としては聞いて見たい内容なのでそのまま聞きます。

設計士

実際にお客様にメーカーを2つ3つから選んでもらうのですがメーカー同士で競わせています。
値下げどこまで頑張れるのか、出来ないならグレードアップだ、など。

続けて

設計士

なので、メーカーからもだいぶ嫌われてると思いますよ、
実際。

とのことでした。笑

そうなんですね。(引いてます)

QUOカードをもらう

と面白いぶっちゃけトークを聞いたところで打ち合わせは終了し少し併設されている展示場を見学させていただいて終了となりました。

そして半分目的だった5000円のQUOカードをもらって帰りました

ただこの訪問はもしかしたら5000円以上の価値があったかもしれない。そう思うBLF妻でした。

そしてその後営業電話すら全くかかってこらず、ただただ面白い話を聞いて、QUOカードを貰っただけでした…….

自宅にて夫に報告

タマホーム訪問の衝撃が大きかった私は夫が仕事から帰ってきたら即報告しました。

この話を聞いて、引いてしまった私

今までになり感じだった!と夫に報告しました。

すごく面白いね(笑)
なんでそんな話してくれたんだろうね(笑)

と疑問でしたが、QUOカード目当てのお客さんだと思われなんですかね?ということでタマホームの仰天な営業マンと出会った話でした。

実際、調べてみるとタマホームも魅力的だと感じましたが、ちょっとローコストハウスメーカーの闇を感じさせれる内容でした。

記事を初めに書いた5月時点ではまだ半信半疑でしたが、その後に文春砲をくらった内容を考えるとありそう。。と思ってしまう内容ですね!

文春砲の内容についてはここではあえて触れません(笑)

この記事のまとめ

今回はタマホームの展示場に伺い話を聞かせていただきました。

タマホームは

  • 大安心の家
  • 大安心の家PREMIUM
  • 木麗な家

などの商品があり、大安心の家は耐震等級3が標準と優れた性能も持っています。

そして最後にローコスト住宅の闇を教えてもらいました。

最後のローコストのお話で具体的に進める方向にはなりませんでしたが、コスパは最高に良いですし、性能も良いので十分検討する価値のあるメーカーだなと感じました。

QUOカードも貰えますし。

でも実際、やすさはすごく魅力的だし、
地震にも強そうだし、タイミングがもっと早かったらタマホームも全然選択肢には入ったよね。

と今回の記事はこれで終わりになります。また次回もお楽しみに!

ということで今回はこれで終わりになります。

最後まで読んでいただきありがとうございました!このブログはにほんブログ村に参加してランキング上位を目指しています。

面白かったよ〜という方は是非応援をよろしくお願いします😃

またコメントもいただけると励みになりますので、お気軽にしてくださいね😁

最近Instagramもやってます!

家づくりについての投稿もしてますので是非チェックしてくださいね✨

PVアクセスランキング にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

記事のもくじ