住友林業の標準の窓と私たちの窓。第2回!私たちが窓を変えた理由

ブログをご覧になっていただきありがとうございます。

私たちは土地を先に契約後に合計17社以上のハウスメーカーや工務店を検討、現在は住友林業と契約を行い、契約後の打ち合わせを行っているBLFと申します。

このブログは私たちがハウスメーカーなどを検討する過程、打ち合わせなどをまとめています。

何かの参考になればと思いますので、ぜひ最後までご覧ください!!

 

 

今回は住友林業の窓について考えてみたいと思います。

なぜここで窓なのかというと、窓については注文住宅を考える上で意外と重要!と打ち合わせをしていくと感じてきたからです。

窓については初めは何が何だかだったけど、最近はわかるようになってきました。

また、住友林業を含めた大手ハウスメーカーの多くは標準がダブルガラス、複合サッシ、アルゴンガスです。

これは悪くはない性能ではあるとは思いますが、高いともいえないものです。なのでこの部分が大手HMのデメリットにもなるところ。

一般的には海外などはもう少し窓の性能が良いということもあり、ここをオプションで変更する方もいますね。

ということである程度性能にもこだわりたい私たちがどんな窓を検討してどういう窓を導入したかをご紹介します。

今回は第2弾のため、まずは住友林業の標準の窓を紹介しその後私たちが検討した窓をご紹介しまていきます。

最後に窓の変更により生じた増額についても発表しますので、ぜひ最後までご覧ください!

前回はこちら

あわせて読みたい
住友林業の標準の窓と私たちの窓。第一回!窓の種類について。 今回は住友林業の窓について考えてみたいと思います。 なぜここで窓なのかというと、窓については注文住宅を考える上で意外と重要!と打ち合わせをしていくと感じてきた...
目次

住友林業の標準の窓

まず、住友林業の標準の窓はアルジオという窓のようでした。(私たちの地域ではなのかも)

アルジオとは、三協アルミから発売されているアルミ樹脂複合ダブルガラスの窓です。

アルジオの特徴

まずアルジオの性能についてまとめてみます。

性能は

  • 熱貫流率:1.70W/m2・k
  • 気密性:A-4
  • 水密性:W-5
  • 耐風圧性:S-4

といったかんじで熱貫流率は樹脂窓などと比べてもそこまで言い訳ではありません。

悪くはけしてないのですが、YKKAPのAPW430では1を切ってきていることを考えると微妙ですね。

ただ、標準の窓はそのハウスメーカーで一番導入されている窓なので、コストパフォーマンスは一番良いので、ほかの窓に帰るともれなく値段が上がります。

また、アルジオの特徴としては

  • 強い耐久性
  • 高い耐水性
  • 掃除がしやすい
  • (高い断熱性)

があります。

耐久性能
公式HPより

特にアルミ樹脂複合の特徴を生かし、高い耐久性、耐水性を誇っています。

なので台風が多かったりする日本の住宅にとっては使い勝手がいい窓といえそうです。

また、フラットレールを採用しており、掃除がしやすかったりという特徴もあります。

使いやすそうですね。

そして公式HPとかでは断熱性も謳われていますが、それはアルミ単独サッシなどとの比較なのでここではカッコとしました。

断熱性も決して悪くはないと思いますけどね。

住友林業で窓を変更するときの制限

ただ、私たちはこのアルジオから窓を変更したいと思いました。

その理由としては

やはり現在は住宅の性能が重視されており、窓が一番断熱性をあげることができる部分

と考えたからです。

ただ、住友林業で窓を変更するときに一番の制約になるのは

  • 窓は一社からしか選べない
  • 選べる窓に制限がある

ということでした。

これは住友林業に限らず大手HMではそうなのかもしれませんが、窓に関しては

三協アルミなら三協アルミのもののみ、LIXIL、YKKAPのものは選べないとのことでした。

これは意外と大きな制約。。

また、私たちの地域だけかもしれませんが、基本的には

三協アルミ、LIXIL、YKKAPの3社からしか窓は選べず、またLIXILの樹脂窓であるエルスターも選択できませんでした。

窓の選択肢は少なめですね。



私たちの変更①〜アルジオをトリプルガラスへの変更〜

ということでまず私たちは契約前に

窓は性能を上げたいのでトリプルガラスでお願いします!

営業マン
営業マン

わかりました!

と見積もりにトリプルガラスを入れていました。

ただ、その時は窓の種類などについて全く考えていませんでした。

契約後に蓋を開けて見るとアルジオがトリプルガラスに変更されていました。

このアルジオのトリプルガラス窓の性能は熱貫流率は1.36W/m2・kと、トリプルガラスの中では性能は高くありません。

これは少し変更したいかも。

と次の打ち合わせで変更することに。

変更②〜APW330,APW430にしたい

そして契約後のうちあわせLIXILやYKKAPのショールームにショールームに行った事もあり窓の性能の重要性を知り始めは

YKKAPのAPW330か430に変更したいです。

APW330かAPW430に変更したいと営業さんに連絡してみました。

営業マン
営業マン

わかりました!

と営業さんは結構安請け合い。後日設計担当さんと打ち合わせ時に再度相談となります。

YKKAPのAPW330,430とは

YKKAPのAPW330,430とは樹脂サッシのダブルおよびトリプルガラスの窓になります。

APW330の熱貫流率は1.31w/(㎡K)

APW430の熱貫流率は0.90w/(㎡K)

と高性能です。また前回触れましたが、樹脂サッシは結露がしにくいなどのメリットも多く最近では導入しているハウスメーカー、工務店も増えてきました。

また、APW330は真空+トリプルガラスにすることで熱貫流率は1.09W/m2Kとかなりいい数字となります。

APW330と430では430の方が性能は良いけど、当然高いのでどちらか見積もり的に許容できる方で検討したいと考えました。

打ち合わせ当日

そんなこんなで次の打ち合わせ中に設計士さんから切り出されます。

設計士
設計士

そう言えば窓を変えたいと伺いました。

ただ、APWだと今入れている窓の形状がなくて窓の形から再検討しないといけないんです。

とリビングの窓の形状を変えないと導入できないと。。

↓↓↓

住友林業 家の窓
リビングの窓の形

自由に窓を選べれば、その形の窓の部分だけは元のアルジオにして

ほかの窓をYKKAPのAPW430などに変えることもできますが、”窓は一社縛り”のためそれができません。

窓って一社しか使えないんですよね?

と再度確認しましたが、

設計士
設計士

そうなんです。。

下地が違うなど色々あるもので。

とのことでした。

なので、YKKAPに変える=間取りを全く変える必要があるということになりました。

この間取りは気に入っているんだよね。。

と間取りには手を加えたくありません。なんとも言えない雰囲気となります。。

変更③ 〜サーモスXトリプルガラスに変更

しばらく考えた後に設計士さんが口を開きました。

設計士
設計士

サーモスXなら同じ形状の窓があるので、形を変えなくてよさそうです!

とサーモスXが急浮上しました。

なるほど、サーモスXですか。

サーモスXとは

サーモスXはLIXILの販売している高性能のアルミ樹脂複合窓です。

LIXILのハイブリット窓ではサーモスⅡもありますが、そこから断熱性能が上がったハイブリット窓の最終形態です。

リクシル窓
設計士
設計士

サーモスXは当営業所ではアルジオについてよく使いますよ。(3番目はYKKAP)

性能としては

熱貫流率:1.11W/m2・k

気密性:A-4

水密性:W-4

耐風圧性:S-3

とアルジオに比べて水圧性や耐風圧性は落ちますがその分断熱性は高いです。

断熱性能的には一番高いハイブリット窓と言っても過言ではないね。

さらに下の絵のように

高断熱と軽さを両立した高性能ガラス

トリプルガラスでは真ん中のガラスが1.3mmと特殊薄板ガラスを採用しており、トリプルガラスのデメリットである重い!という点も軽減してくれるという優れもの。

実はサーモスXのトリプルはかなりいいのでは?

また、サーモスXは色の選択肢も豊富で他社の窓と比較しても内、外の選べるバリュエーションが多いです。

そして特徴として窓部分を大きくしてできるだけフレームを小さくしている事でスタイリッシュな内観になるという外観的な特徴も兼ね備えています。

この黒くて細いフレームが一発で気に入りました。

断熱性ももちろんですが、この外観的なおしゃれさも導入できるということで一気にサーモスXがトップの候補になりました。

その時の打ち合わせはこちらです。

あわせて読みたい
住友林業 【契約後】打ち合わせ3回目後編〜窓と床材を決めて行く。ちゃっかり間取り公開〜 契約後の打ち合わせ3回目の後編です。 前編はこちら↓ https://buylandfirst-daiwahouse-sfc.com/sumitomorinngyoukeiyakugo3/ 前回は間取りについて詰めていきましたが...



私たちの結論

そんなこんなで検討した結果

アルジオダブル→アルジオトリプル(契約前)→APW430を検討したが窓の形が無く断念→サーモスXトリプルガラス(フレーム黒)

となりました。

とくにサーモスXの黒フレームは内装が一気にしまって非常におしゃれになったため、

断熱性もあげつつおしゃれさもあげることができてとても満足のいく展開となりました。

サーモスXでお願いします!!!

と打ち合わせでも夫婦ともに即決(笑)

断熱性もあげたいけど、おしゃれな間取りにもしたい!!

というわがままな私たちにはぴったりな窓でした。

サーモスXにすることでの値段の増額は

また後日見積もりをもらい

アルジオ→サーモスXトリプルガラスに家中変更による増額は60万ほどでした!(きこりん税、消費税別)

ネット情報でもっと増額になると思っていたので安かったと錯覚しましたが、大金でした(笑)

ということで一応仮ですが、窓の仕様が決まりました。

まとめ

今回は住友林業標準のアルジオについてまとめたあと、私たちが検討した窓についてまとめました。

結論として私たちは

サーモスXのトリプルガラス、アルゴンガス、樹脂スペーサで行くことにしました。

サーモスXトリプルガラスに変更することで60万ほど増額となりましたが、おしゃれさは上がり、断熱性も上がったのでよしとします。

まあある程度満足です!

ということで今回は終わりになります。

これからはインテリアなどの打ち合わせが始まっているので、どんどん検討することが増えていますが頑張ります🤓

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ブログ村に参加して、ランキング上位を目指しています。

面白かったという方は是非応援の下のアイコンをクリックをよろしくお願いします😃


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ

私たちのブログ村のプロフィール

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログ村のフォローはこちら


BLF@注文住宅を建てる - にほんブログ村

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ブログ村に参加して、ランキング上位を目指しています。

面白かったという方は是非応援の下のアイコンをクリックをよろしくお願いします😃


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ

私たちのブログ村のプロフィール

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログ村のフォローはこちら


BLF@注文住宅を建てる - にほんブログ村

また家系ブログを始め方もまとめました。

お時間がありましたらぜひご覧ください。



よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる