第48話 ついに土地決済。土地決済当日の流れは?服装は?

ブログに来ていただいてありがとうございます。

このブログはBLFというハウスメーカーを17社以上検討して住友林業と契約した施主が注文住宅を建てる過程を記録しているブログになります。

家を建てようと思ってからハウスメーカー検討→打ち合わせ→家の建築と家を建てる過程の全てでブログにのこし記録に残しています。これから家を建てる人、家を建築中の方に体験談も含めて色々実体験を200記事以上にまとめています。

なのでどこかに必ず参考になる記事があると思いますのでぜひ最後までご覧ください!

参考になると嬉しいです!

*間違っているなどあればできるだけ正しい情報を提供したいのでご指摘ください。

土地をまず探しゆっくりハウスメーカーを検討すべくはじめに奮闘した我が家。やっと理想の土地に出会い契約しました。

ただ、契約した土地は古屋ありで、更地渡しだったため契約から決済まで少し時間が空きました。

そんな中ついに決済の日を迎えることができました。

ただ、土地の決済って何を行うの?どんな格好でいったらいいの?など何もわかりませんでした。

ということで今回は、今後土地の決済を行う人のために、私たちの当日の流れをまとめておこうと思います。

人生に一度しかない?かもしれない土地決済の実際の流れを紹介していきます!

一生に一回?ぐらいしかないと思われる決済の日のことをまとめたいと思います。

果たしてどんな服装がいいの?何をするの?などが参考になればと思います。

前回の土地の契約の話はこちら

記事のもくじ

土地決済前日の流れ

私たちは注文住宅を建てるために土地を半年に渡し探してきました。

そして今回目当ての条件の土地を見つけついに決済の日を迎えました。そして土地決済の前日です。

いよいよ土地が決済が迫ってきてそわそわする夫。以外とこういう場面は苦手のようです。

決済の日って格好は普通でいいのかな?スーツ?

と初めてのことなので、当日の服装から迷子状態です。

ネットで調べて見たら?

ということで、google先生にお願いし”土地決済””服装”で調べてもらうと

  • 決済はスーツなどの縛りはないが私服で行く場合は少し綺麗めな格好にするほうがいい
  • 相手方の気分を害さない格好がいい

ということでした。なので当日はスーツではなく綺麗目の格好で行くことにしました。

服装も間違えると大惨事なので何が正解かわからないのが怖いですね。

行った後に赤っ恥っていのは避けたい。。

と少し心配はのこりました。

土地決済当日の準備をしていく

あとは必要なものを準備します。

決済を行うのは通常は銀行がやっている平日の日中で、ローンを実施いただく銀行の支店の応接室で行うことになります。

私たちの場合は事前に印鑑証明、通帳、振込用紙は事前に決済を行う支店に送っていただいていたので

当日は

実印

免許証(身分証明書)

だけ持っていけば良いようでした。

この辺は決済を行う銀行により様々だと思いますが、大体の必要なものは同様だと思います。

特に実印忘れると大変なことになるから、入念にチェック!

と前日の準備も終わり当日を待つのみです。



決済当日

私たちが購入した土地は今住んでいるところから離れているかつ、平日に決済が必要でした。ということで当日は夫婦ともに有給をとり決済を行う銀行に向かいます。

決済の日は子供も急な発熱で呼び出しに対応できないため、娘も保育園はおやすみです。

そして家族3人で現地に向かい、契約者である夫が決済する銀行に、妻と娘がその間周辺で待っているということになりました。

決済の時に売主さんを娘が困らせたり、静かにできないかもしれないので。。

と万全の対応でいざ現地へ向かいます。

決済を行う銀行にて

決済は前述の通りローンを借りる銀行で銀行が営業している平日および時間内に行います。

そして当日の流れは

売買金額相当のお金を銀行→買主→売主にお金を振り込んでいき、入金が確認されたところで司法書士の先生に権利移転の申請を行っていただく書類にサインする。

という流れとのことでした。

銀行に着くと、すでに司法書士の先生、不動産会社の担当の方はいらっしゃいました。

不動産会社の担当さん

今日はよろしくお願いします。

といつもしっかりとしたスーツを着ている印象がなかった営業マンさんが、しっかりとしたスーツを着用し待ってます。司法書士の先生も当然スーツです。

あれ?私は服装間違えた??

という不安がよぎりますが、まだ売主さんが来ていませんので売主さん次第となります。

もし売主さんがスーツだったら???と心配になります(笑)

これでスーツだったらどうしよう。^^;

と考えていると売主さんが少し遅れてこられました。

と半分くらい「終わった…..」という気持ちで待っていましたが、

と心配しましたが売主さんもバリバリの私服でした。そしてむしろ夫よりさらに私服な感じで比較的ラフな服装でこられました。

50代くらいの方だったのでスーツの可能性があるのでは?と心配しましたが大丈夫でした。こうして服装問題は終結しました。(笑)

そんなに気になるならスーツで行けばいいのに(笑)

と思う妻でした。

土地の決済開始

両者揃ったのでいよいよ土地の決済を始めていきます。

まずは、司法書士の先生が用意してくれた、土地の権利移転の申請書類(?)に両者が記名、捺印して行きます。

不動産会社の担当さん

ここに記載をお願いします。

ここで銀行の方が登場しました。

銀行の行員さん

本日はよろしくお願いします。早速お口座を拝見します。

と銀行員さんに言われるがままに振込用紙に売主さんの銀行口座を確認し記入します。

そして夫が記入し終えると銀行の方が再度退室し、振込処理をしてくれるようです。暫しの沈黙が流れます。

この待ち時間はドキドキだな。。

と振込処理が終わるまでは少し空き時間になり少し売主さんや司法書士の先生と雑談をしながら待ちました。

司法書士の先生

この土地はなかなか出ないのですごいですね!

と司法書士の先生もお世辞を言ってくれました(笑)

待っていると意外と時間ってすぎないもので10分ほどだったと思いますが、とっても長く感じました(笑)

〇千万が今動いているのか。。

と実感はありませんが、何かドキドキします。

いざ決済実行

そんなこんなで待っていると銀行の方が再度現れます。

銀行の行員さん

今決済が終わりました。ご確認ください。

と通帳を渡されました。

そして渡された通帳を確認してみると

ものすごい額が夫の口座に振り込まれ、それがすぐに売主さんの口座に振り込まれていっていました。

口座上は本当に一瞬だけ大金持ちになってました。

一瞬でも◯千万も口座に入るの初めてみた(笑)

余韻に浸る時間もなくすぐに売主さんにも口座を確認いただき、しっかり振り込まれていることを確認。

権利移転の申請書類を司法書士の先生が預かりこれにて終了となりました。

今後司法書士の先生に土地の移転の手続き、およびローンに組み込むための抵当権設定登記をいただく流れになります。

司法書士の先生

あとは後日登記が完了したら書類を郵送させていただきます。

最後に

最後に司法書士の先生の報酬、仲介手数料をそれぞれお支払いします。

そしてなぜか不動産会社への仲介手数料は振込で、司法書士の先生は現金でした。この現金はローンに組み込んでいたので、銀行の方がおろしてきてくれました。

不動産会社系は手付け金も現金だったし、現金文化が結構あるね。

とこれにて土地決済は終わりです。1時間ほどでしたが、とっても濃密な時間でした!

家族で合流して少しお祝いを行いました。



まとめ

今回は土地決済の当日の流れをまとめました。

ここまでであらかたの流れは終わっているため、あとはサインやハンコを押せばいいって感じでしたが、独特な緊張感がありましたね。

特別な体験でした。

結局、土地決済時の服装

  • スーツじゃなくてもいいが、綺麗目の服装がいい
  • 気になるならスーツが無難

と感じました。心配ならスーツで行けば間違いはなさそうです。

いよいよ土地決済が終わり、これからはいよいよハウスメーカーを選ぶ番です。

色々頑張ります!

ということで今回はこれで終わりになります。

最後まで読んでいただきありがとうございました!このブログはにほんブログ村に参加してランキング上位を目指しています。

面白かったよ〜という方は是非応援をよろしくお願いします😃

PVアクセスランキング にほんブログ村

これまでの記事のまとめはこちらからチェックしてみてください😀

これまでの内覧会はこちらです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

記事のもくじ
閉じる