第五話 ヘーベル、セキスイハイム、ダイワハウスの住宅見学に行きました。

私たちは土地を先に契約し現在は合計13社以上のハウスメーカー、工務店を検討しています。このブログは私たちがハウスメーカーなどを検討する過程、打ち合わせなどをまとめています。これから注文住宅を検討する方、打ち合わせ中の方などの何かの参考になれば嬉しいです。

以前、積水ハウスの分譲地に見学した際の感想を記事にしましたが、あまりの大豪邸すぎて参考にならず。。

今回は現実的な住宅についてもヘーベルハウス、積水ハウス、ダイワハウスでも見学に行くことにしました。

第一話でお話しした3社ですので、併せて見ていただくと分かりやすいかと思います😃

あわせて読みたい
第一話 ハウスメーカーとの出会い 序章 それは車の中での会話がキッカケでした。 冬に娘が生まれ生活は一変。今までは『一生賃貸でもいいよね〜😀』 っというあまり自宅(衣食住で言えば住)にはお金はか...
目次

住宅見学(ヘーベルハウス編)

営業マンの印象はあまり良くなかったヘーベルハウス。

ただ外観、内装はオシャレと感じたこともあり、興味があると伝えた所

社員が建てたお家があるので見ませんか?

とお声かけいただきました。

実際の社員さんが建てた家なら間違いなく参考になると思い見学に行くことに。

場所は私たちが住んでいるところより少し田舎。

アクセスはそこまで悪くありませんが、土地代はあまり高くなさそう。

どうでもいけど、

営業マンさんは少し田舎に家を建ててる事が多いのなんでなんだろ?

やっぱり家にお金をかけたい人が多いんですかね?

現地にて

そんなこんなで見学地に到着!

お久しぶりです。こちらが私の後輩が建てたお家になります。

社員が建てるお家は、見栄を張って豪勢にすることが多いんです。

見応えあるかと思いますので、ごゆっくり。

見学地の概要

  • 一階リビング
  • ヘーベルっぽい四角い外壁
  • キッチンの横に家事スペースあり
  • キッチンはブラックのアイランドキッチン
  • 2階には夫の趣味部屋があり、そこが一番壁紙含めこだわりがあった。
  • ベランダあり

営業マンが言った通り、家事動線を考えて作られた間取り

和室の畳の色ワークスペースの壁の色など細部に拘った素敵なお住まいでした。

ただ見学した時は、お庭と外構が未完成だった事もあり外観の記憶があまりない・・・

旦那さんの部屋が趣味部屋として壁などがかなりこだわっていた印象はあります。

後、やっぱり住宅展示場と違い、階段は少し狭い印象も

本日はありがとうございました。

もし、ヘーベルハウスに興味持っていただけるようでしたら連絡頂ければ

具体的に間取りなど先の話もできますので。

その後私たちから連絡することはなく、営業マンからフォロー連絡もなくその後ヘーベルハウスはフェードアウトしました笑

ネットとかではヘーベルハウス押しの強い営業マン多いって話だったけどな笑

とまあ、こんな感じで、ヘーベルハウスは私たちの候補から外れた訳です。

(後から調べると私たちのコンセプトにあったメーカーだとは思うので担当次第で

筆頭候補になった気がします)

ヘーベルハウスの見学のまとめ

社員の家は田舎に多い

細部にこだわりが多い

階段が狭いとやっぱり不便かも。

と言った感じ。会談については標準は展示場の広さではないため注意が必要ですね。

やっぱり階段は広い方がいいな〜



住宅見学(セキスイハイム編)

セキスイハイムはあまり初回でもグッときていませんでした、ただその後に

分譲地見学実施中来場で1000分QUOプレゼントというチラシが送られてきて文字通り釣られて行きました笑

ということで早速向かいます。

現地にて

と早速向かいます。

現地に到着して、受付で名前を書いた時点ですぐに展示場に行った事が伝わりました。

今回、担当させていただきます。よろしくお願いします。

あれ?担当者変わった?

と初回に案内してくれた少し頼りない感じの営業さんからシュッとした感じのおじさまに担当が変わっていました。

この後すぐ、なぜ変わったのか知ることとなります。

分譲地だったので、建物を2、3棟見せていただきました

概要は

延べ床30坪程度

外観はセキスイハイムっぽい四角い外観

一階リビング

キッチンなどは標準に近いもの

どの建物も外見は似たような感じで、延べ床30坪程度3LDKの二階建てでした。

恐らく、一般的な建売住宅によくある単世帯、大人2人+子ども2人の4人暮らしを想定した間取りとなっていました。

内装はキッチンの仕様、お風呂、トイレなど水回りは標準設定の一番グレードの低いものが

使われていたような気がします。

住んでいる賃貸がシャーメゾンという事もあってか、あまり水回り含めて

魅力を感じないかも

そうだね。どうせ注文住宅を建てるならちょっとグレード高いものとか興味あるからな

こんな感じで外観、内装ともに夫婦としては、ビミョーなテンションになってしまいましたが、

最後の内見が終わった所で安定の打ち合わせタイム。

改めまして。よろしくお願いします。

実は展示場で担当してたものが部署異動になり、私が引き継ぎました。今後ともよろしくお願いします。

ほんとかしら。住宅業界闇だわ..(心の声)

そんなことを思ったものの、いただいた名刺をチェック。

営業マンは丁寧に自己紹介用紙をくださりました。

年齢は30代後半。大学時代はバキバキのスポーツマンでした。

またもや店長。(営業マンガチャ強運な私たち)

そしてこの店長、一年前に勤めていたエリアが私たちが土地を探しているエリアでした。

そんなこともあって、土地を探してもらう事に。

この店長が土地をいろいろと探してくれるのですが、その話は短編ですが他で書こうと思います。

いろいろ土地の話をした後、LINEを交換して終了しました。



住宅見学(ダイワハウス編)

ダイワハウスは、リアルサイズのモデルハウス「まちなかxevo」を見学させていただきました。

まちなかxevo」とは、その名の通り、まちなかに建てられた地域密着のモデルハウスです。

近隣の街並みや現実的な土地の広さに建物を建てられており、独立パウダールームや壁掛けテレビなどを採用している間取りなどもあり、ひと味違う工夫された間取りを見られるのが特徴です。

到着すると、前回展示場で対応してくださった店長営業マンがお出迎えしてくださりました。

お久しぶりです。ご案内いたします。(高級車で乗りつけ)

良い車に乗ってる。やっぱり売り上げてる営業マンなんだろうな(心の声)

案内より何より乗っているのが高級車で

この人はたくさん売ってるんだろうな〜と期待が高まりました。

見学地の概要

60坪の土地に30坪程度の2階建ての建物でした。

街中というだけあり閑静な住宅地の中に普通の住宅と同じように立ってました。

内装は、ダイワの強みである2m72の高い天井と高い窓

キッチン背面が引き戸がついており家電が隠れる仕組み

階段に景色を綺麗に見せるように窓がついていた

庭は人工芝がひいてある。

とモデルハウスなだけあってとても素敵な間取りでした。

ダイワのこの間取りはいかがでしょうか。

天井高などが特徴ですが、この間取りはいかがですか。

はい。いい感じだと思います

あと、土地の大きさはこんなにいらないかもって思いました。

実は、この時点では、2m72の高い天井高には魅力を感じていなかった私たち。

素敵だなーくらいの感想しか言えなかった。

ただ、階段の登って行くところに窓があり、階段が明るい感じは取り入れたいなと思いました。

そのほかには、ここのお家も外構は未完成だったのですが

総じて感想として60坪の土地って大きいなと感じた夫婦。

今まで土地50坪はないといけない、建物は40坪くらいって考えてたけど

そんなにいらないかもね。

と意外と自分たちが広い土地が必要じゃないこともわかったため

探す土地の範囲を広げることにしました。(45坪くらいから60坪に)

このお家をみて、土地探しの大きさの参考になりました。

そして、その後は土地探しについての簡単な打ち合わせをして終了しました。

まとめ

ということで今回は実際の建っている家を見学に行きました。

  • モデルハウスと違ってハウスメーカーの特徴、違いが分かりやすかった
  • セキスイハイムは妻の好みではなさそう
  • 実寸サイズのお家を見ることができたため、欲しい土地の大きさや家の広さの参考となった

という感想でした。

見学はいろいろなことが学べるし

お家の見学は楽しいなと改めまして実感することが出来ました。

もっとたくさん行きたいね

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ブログ村に参加して、ランキング上位を目指しています。

面白かったという方は是非応援の下のアイコンをクリックをよろしくお願いします😃


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ

私たちのブログ村のプロフィール

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログ村のフォローはこちら


BLF@注文住宅を建てる - にほんブログ村

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

とにかくおしゃれで地震に強い家が建てたい家族の奮闘記。ハウスメーカー選定にブログ100記事分悩んでついに決定!!!!現在は住友林業と契約し打ち合わせ中です。主に悩んだダイワハウス、三井ホーム、積水ハウスも含めていろいろとまとめていきます😊

目次
閉じる