Forest Selection BFってどんな感じ?具体的に選べる外壁や建具の選択肢について

住友林業と契約して現在打ち合わせを進めている私たち。

私たちの商品の名前はBy Forest BFというもので今年(2021年)に新しくなった自由設計の商品です。

ただ、この商品は自由設計がゆえに、やはり値段が高い。。というデメリットもあります。

値段は正直高い。。

以外にも住友林業はいろんな価格帯の家を建てられるハウスメーカーと自分たちで謳っていますが

住友林業をできるだけリーズナブルで建てたい。。という方のために住友林業には

Forest Selection BFという規格型の商品もあります。

この商品の特徴は

  • 1000の間取りから自分にあった間取りを選んで打ち合わせを進める
  • 住友林業の標準仕様はほとんどそのまま
  • My Forest BF(注文住宅型)に比べて安く建てることができる

というものです。

以前もブログでまとめました。

今回もインスタで仲良くさせてもらっているすみこさんにインスパイヤを受けつつ

Forest Selection BFの実際の選べる仕様などについて深掘りしていきたいと思います。

↓すみこさんのInstagramのリンクです。Forest Selection BFを実際に建てている施主さんです。

調べて思ったのは、ほとんど普通のBy Forest BFと変わらない(〇〇をのぞいて)とうことです。

ぜひ最後までご覧ください!

目次

Forest Selection BFの特徴

Forest Selection BFは住友林業の規格型の商品です。

規格型ですが選べる範囲は多く、1000を超える間取りから選ぶことができます。

1000もあると大抵の間取りはこの中にあるね。

なのでこのForest Selection Bは間取りのベースを選んでから打ち合わせが始まります。

そのため打ち合わせ回数が普通の注文住宅と比べて短縮できるため、人件費等がその分かからず割安に建てることができます。

具体的には契約から3ヶ月後に着工、7ヶ月後には引き渡しくらいの速さです。

Forest Selection BFの流れ

間取りも選んだ間取りで完全に固定なわけではなく、階段や玄関を動かさない範囲で、部屋の大きさなどは変更ができるようです。

詳しくは営業さんに聞いてみてください!

Forest Selection BFで実際に選べる仕様をそれぞれみていく

では間取り以外の仕様はどんなものが選べるのでしょうか?それについて今回見ていきたいと思います。

Forest Selection BFは規格型の商品ですが、実は住友林業の売りでもある

  • 主要階無垢フローリング
  • セラミックトップのリシェルSI標準
  • 木目調の軒天標準

というちょっと前には提案工事だった内容も標準です。

なので標準のままに近い仕様で建ててもキッチンをリシェルSIのセラミックトップにすることもできるし、主要階のLDKの床材を無垢にすることもできます。

それで坪単価70万円台は破格のコスパですね。

企画型だから絶対しょぼりんだということはありません。

ただ、Forest Selection BFでは少しだけ懸念点があります。それについては最後に触れようと思います。

それでは次はそれぞれ細かい選択肢について詳しくみていきたいと思います。

※ IDを指定してください。

外壁材

まずは外壁です。

外壁に関してはサイディングとなります。

シーサンドコートが導入できないのはちょっと残念😅

という声もあるかもしれませんが、ここまでシーサンドコート になると注文住宅の方を選ぶ人がいなくなってしまうためしょうがないのかもしれませんね。

ただこのサイディングも30年メンテナンスがフリーという高耐久なもので、実際に注文住宅の方で建てた方でも選ばれている方もいらっしゃるくらいなので、これでも十分ではあります。

屋根

屋根材は注文住宅と変わらない30年耐久のスレート材になります。

コロニアルグラッサという屋根材です。これについてもL30で30年間メンテナンスフリーのスレート材です。

本当にメンテナンスフリーなのか心配だけど

屋根については瓦がいいと考えた時期もありましたが、私たちも今はスレートのままにしています。

本当は瓦にしたかったけど

軒天

続いては軒天です。

軒天はリブ木目調のものも選べて、これがあると一気に住友林業らしさが出ますね。

少し前までは提案仕様だったので、今はこれが標準なのは嬉しいところです。

この軒天はかっこいいよね。

玄関と窓サッシ

玄関ドアについては上のようなものから選べるようです。さらに玄関ポーチのタイルも12種類から選ぶことができます。

玄関周りは他人の目にも触れるのでこだわりたいこところですが、さすがです。

また、サッシについては明言はありませんが、おそらく注文住宅と同じアルミ樹脂複合のダブルガラス(アルジオ)かなと思います。

この辺は注文住宅とも変わらないので、しっかりと一定以上の断熱性が確保されてます。

断熱性もある程度確保されているのは良いですね。

床材

床材に関しても注文住宅と変わりはなく住友林業といえばという感じです。

また床材については主要階、主要階じゃないで標準が異なります。

主要階(挽板or無垢)

主要階は住友林業の特徴でもある無垢材が標準です。

ただこれに関しては無垢で選べるのが

  • オークピュアナチュラル
  • オープピュアブラウン
  • オークピュアアンティーク
  • メイプル

とヨーロピアンオークとメイプルの2種類です。

よりバリュエーションがあり、メンテナンス性も高い挽板の標準を選択する方も多いようです。

挽板の選べる範囲は多いよね。

具体的には

  • オークピュアナチュラル(114フラット、114フラットオイル、うづくり)
  • メイプルクリア(114フラット)
  • チェリーピュアナチュラル(114フラット、114フラットオイル)
  • チーククリア(114フラット、114フラットオイル、うづくり)
  • ウォルナットナチュラル(114フラット、114フラットオイル)
  • マホガニーアンティーク(114フラット)
  • チェリーピュアナチュラル(114フラットオイル)
  • オークピュアホアイト(114うづくり)
  • オーククリア(2Pフラット)
  • メイプルクリア(2Pフラット)
  • アッシュクリア(2Pフラット)
  • クリクリア(2Pフラット)
  • チェリークリア(2Pフラット)
  • ウォルナットクリア(2Pフラット)
  • オーククリア(2Pラスティク)
  • メイプルクリア(2Pラスティク)
  • チェリークリア(2Pラスティク)
  • ウォルナットクリア(2Pラスティク)

と24種類も選べる範囲があります。

マホガニー、チーク、ウォルナットの三大銘木全てを標準で選べるのはすごい!

非主要階

また非主要階は突板(一般的には2階)が標準です。

突板はシート系のフローリングとは違い薄いながらもしっかりと本物の木が貼られたフローリングであり、れでも十分に木の風合いや感じることができます。

選べる種類は15種類から選べることができます。

チークとかウォルナットも選べるので十分ですね。

建具

建具も住友林業の特徴でもある2400の高さの建具が標準です。

これにより天井までドアになるため、非常にスッキリとして部屋のオシャレさが倍増します。

このうえのパースのように2400cmの天井まで扉があることで見栄えがかなり良くなります。

天井をあげちゃうとこれができなくなっちゃうのが残念

階段、玄関収納、壁紙

続いては、玄関や階段、壁紙などについてです。

玄関収納も9色から色が選べます。

また、階段の段板も4つの木から選べます。

壁紙もオリジナルエコクロスが全69種類から選んでいくことができます。この壁紙はオレフィン樹脂のエコ商品です。

壁紙も選択肢が多いですね。

キッチン

キッチンも注文住宅と同様です。

トクラス、リクシル、クリナップから選ぶことができます。

トクラス

まずはトクラスです。ベースモデルはベリーです。トクラスはヤマハの住宅部門の会社です。

昔はヤマハリビングテックという会社でした。

トクラスのキッチンの特徴は人造大理石のワークトップです。

人造大理石を選ぶならトクラスがいいかなと思います。

トクラスについてはショールームに見学に行きました。

リクシル

続いてはリクシルです。ベースモデルはリシェルSIです。

そして2021年にグレードアップしてセラミックトップが標準となっています。

このセラミックトップが標準なのがいいですね。

そのほかにも汚れんフードというお掃除が楽なフードが提案仕様で用意されていたりとかもあります。

リクシルのショールームに行った時にレポートです

クリナップ

クリナップはベースのステディアです。

クリナップはステンレスのワークトップがとっても有名で、引き出しや扉などもオールステンレスです。

ステンレスならクリナップを選ぶのがいいですね。

トクラス、リクシル、クリナップの3つから選べれば自分の気にいるキッチンを選ぶことができますね。

風呂

続いては風呂です。

お風呂に関しては

  • LIXIL
  • トクラス
  • TOTO
  • 積水ホームテクノ

から選ぶことができます。

特にオススメは

  • エルゴという浴槽と洗い場がそれぞれ広くなるバスタブが導入できるトクラス
  • 掃除が楽々であったかい床で子どもがいる家庭も嬉しいほっからり床のあるTOTO

です。

個人的な感想です

洗面化粧台

洗面化粧台も複数から選ぶことができます。

住友林業クレストや永大産業から選ぶことができます。

洗面化粧台は毎日使うものだし、かっこいいとテンション上がりますね。

提案工事

その他は

  • ウッドタイル
  • スタイルシーリング
  • あらわし梁
  • 格子スクリーン
  • キッチン収納

etc…

など色々選ぶことができます。

これを多く取り入れれば取り入れるほど住友林業らしい、木の質感が溢れるおうちにすることができますが、その分値段もどんどんと上がっていきます。

どんどん入れたくなっちゃいますね。

実際の仕様をみてみての感想

と今回色々とForest Selection BFの標準をみてみました。

感想としては

これで坪70万円は破格じゃないか?

ということです。

もともと住友林業はどこのショールームに行っても(リクシルとか)

営業さん

住友林業さんは標準で高いグレードが入っています!

と言われるほど、高いグレードが入っています。

そしてそのグレードが安く入れれるのでコストパフォーマンスが非常に高いと感じました。

これでいけるなら絶対これがいいですね。

Forest Selection BFの落とし穴

ただ、そんなForest Selection BFの落とし穴として私たちが感じたのは

  • 外壁がシーサンドコート を導入できない点
  • 3階建ができない点
  • オプションや提案工事、間取りの変更していると結局注文住宅とあまり価格が変わらなくなってしまうことがあるらしい点

があると思います。

私たちが思う一番の懸念点はシーサンドコート が導入できない点です。

シーサンドコート は住友林業の外壁材で吹き付け外壁です。

これは私たちは気に入っているだけなので、サイディングの方が汚れないのでいい!という人なら全然問題ないかなとは思います。

逆にいうとできないことは、シーサンドコートが導入できないくらいだからこれくらいは制限がないとみんなこれにしちゃいますしね。

*追記:外壁は地域によっては変えれるみたいです。ただかなり値上がりするとのこと(情報提供:すみこさん)

また、聞いた話によると、安いと思って色々と仕様を決めていると。。。

注文住宅の坪単価とあんまり変わらなくなってしまう。。。

ということも起こるようです。

色々選ぶとすぐに予算が上がっていきますので注意が必要です(笑)

ということで今回も終わりになります。

まとめ

今回はForest Selection BFの実際の仕様をまとめました。

リクシルのリシェルSIや無垢材、挽板が標準だったりと坪70万とは思えない高級な仕様が入っています。

懸念点としては

  • 外壁がシーサンドコート を導入できない点
  • 3階建ができない点
  • オプションや提案工事、間取りの変更していると結局注文住宅とあまり価格が変わらなくなってしまうことがあるらしい点

がありますが、選べる範囲も非常に多く、魅力的な企画型商品だと思います。

もし住友林業のForest Selection BFが気になった方はぜひすみこさんのインスタをチェックしてみてくださいね。

お願いすれば営業さんの紹介もしてくれるようです。
(紹介を受けるというけた側は3%値引きあり)

↓すみこさんのInstagramのリンクです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ブログ村に参加して、ランキング上位を目指しています。

面白かったという方は是非応援の下のアイコンをクリックをよろしくお願いします😃


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ

私たちのブログ村のプロフィール

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログ村のフォローはこちら


BLF@注文住宅を建てる - にほんブログ村

これまでの記事はこちらにリンクしています。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

とにかくおしゃれで地震に強い家が建てたい家族の奮闘記。ハウスメーカー選定にブログ100記事分悩んでついに決定!!!!現在は住友林業と契約し打ち合わせ中です。主に悩んだダイワハウス、三井ホーム、積水ハウスも含めていろいろとまとめていきます😊

目次
閉じる