第八話【契約前】 住友林業打ち合わせ① ~設計士ご挨拶編~

私たちは土地を先に契約し現在は合計13社以上のハウスメーカー、工務店を検討しています。このブログは私たちがハウスメーカーなどを検討する過程、打ち合わせなどをまとめています。これから注文住宅を検討する方、打ち合わせ中の方などの何かの参考になれば嬉しいです。

前回の話はこちら

あわせて読みたい
第七話 ここで発表!私たちの間取りの条件について 前回の話はこちら https://buylandfirst-daiwahouse-sfc.com/house/ ハウスメーカーと打ち合わせをする際には、各社ともに家族構成や好きな外観や内観のテイスト、ライ...

ついに気に入った土地が見つかり、買付証明を出した私たち。

ローンを組むにも簡単でもいいので間取りと見積もりが必要ということで

ここからはハウスメーカーとの打ち合わせになって行きます。

早急に間取りと見積もりを手に入れなければ!

ここでまずお願いしたのは住友林業

やはりこの時点ではダントツの一位で建てたいハウスメーカーで

住友林業で建てたら素敵だろーなと夫婦ともに考えていました。

さてさていざ間取りをお願いすると….?

ということで早速初めていきます。

最初からトラブルスタート

住友林業との出会いはこちら

あわせて読みたい
第三話 住友林業との出会い 前の話はこちら 第一話 ハウスメーカーとの出会い 第二話 積水ハウスとの出会い 注文住宅を検討しているBLFと申します。今回は住友林業との出会いをお話しします。 こ...
目次

まず担当営業マンに連絡

土地の買付証明を出しためローンに間取りと見積もりが必要となった私たち。

早速、住友林業の担当営業さんに

土地の買付を提出したこと、土地の概要などを説明し、

間取り提案をいただけないか連絡しました。

ということなんですが是非お願いできますか?

と聞いてみると

わかりました!

ただ、詳細な間取り提案をさせていただく時には申込金5万円を頂いてるのですが

その点は大丈夫そうですか?

とのことでした。

私たちは設計士さんなどがちゃんと作ってくれる間取りにお金を出すこと自体は

全く抵抗がなく、むしろ無料よりお願いしやすくなると思いすぐに承諾。

無料よりしっかり作ってくれそうだし、むしろ申し込みたい。

ただ、住友林業に関してはこの5万円は地盤調査や敷地調査をすると戻らないようですが..

(積水ハウスとダイワハウスは戻ってきます)

ということで申し込みはする方向で。

あと申し上げにくいのですが

今週は私は打ち合わせに参加できなそうです….

その代わり上席と設計士で対応しますので、安心してください!

なんと、初回の打ち合わせなのに担当営業マンさんが参加できないと・・・

できるだけ間取りが早く必要だったため急なお願いなので仕方がありません。

ただ、買い付けには間取りが必要なため遅らせるわけにもいかずそのまま担当営業不在で打ち合わせをすることに。。。

わかりました!

今週末に打ち合わせにショールームに来ていただけますか?

とのことだったので、ショールームに打ち合わせに行くこととなりました。

たのしみ!



ショールームに向かう

ということで、打ち合わせ当日になりました。

初回打ち合わせということで少し緊張も走ります。

緊張するね。今日は、設計士の方と所長が対応するって言ってたけど

大丈夫かな。

挨拶程度だし、大丈夫だよ。

なにかあったら対応するから。

となぜか落ち着いている夫氏。

今まで住宅展示場や分譲地などにしか行った事がなかっため

初めて向かうショールームに少し緊張して向かいました。

ショールームに到着

なんてことを話しているうちにショールームに到着しました。

割と駅前にあります。早速受付をして部屋に案内されます。

そして案内されたのは仕切られた打ち合わせスペースではなく応接室でした。

急にお願いしたため打ち合わせスペースが空いておらず応接室に通されました。

更に緊張するし、置物とか高そう。

娘が粗相しないか心配。

なんてことを心配していると上席(名刺的には所長っぽい)が登場しました。

50代後半から60代程で大ベテランっぽい雰囲気です。

今回代わりに担当させていただきます〇〇です。

よろしくお願いします。

その後、設計士も登場。

こちらは40代くらいの支店No1っぽい設計士さん。

設計士
設計士

ご挨拶させていただきます。

よろしくお願いします。

と挨拶も早々に早速打ち合わせに入ります。



打ち合わせ開始

まずは買付した土地の話がどんな土地なのかを確認しました。

決まり文句なんでしょうが、

営業マン
営業マン

いい土地ですね〜

なかなかないですよ、この地区は。

と持ち上げてきます。

ただ、夫と妻両方とも変に褒められると勘ぐってしまうタイプ

持ち上げられていい気分になって契約!という感じにはなりません。

褒められると嬉しいは嬉しけど

営業トークでは?と思ってしまいます。

その後は夫や私の出身地などの世間話をしてどんな風に過ごしていきたいか、などを簡単に聞かれます。

営業マン
営業マン

なるほど、わかりました。

間取りの希望について

その後は、基本的な間取りの希望を聞かれます。

これについては事前にまとめてきたのでそのメモを見ながらお話ししました。

それがこれです。

  1. 玄関は広く、シューズクローゼットが欲しい
  2. 1.25畳のお風呂
  3. リビングに収納スペースたくさん欲しい
  4. 2階建てで2階リビング
  5. 階段は子どものことを考えて緩やかにしたい
  6. 1階にプールが出来るような小さい庭が欲しい
  7. 夫のコレクションを飾れるスペースが欲しい
  8. ウォークインクローゼットは4畳くらい欲しい(メイクできるスペースも欲しい)
  9. キッチンはキッチンハウスが良い
  10. パントリーが欲しい
  11. 家族形態によって変化できる間取りが欲しい

これについては詳細は私たちの間取りの条件についての記事も併せてご覧ください。

あわせて読みたい
第七話 ここで発表!私たちの間取りの条件について 前回の話はこちら https://buylandfirst-daiwahouse-sfc.com/house/ ハウスメーカーと打ち合わせをする際には、各社ともに家族構成や好きな外観や内観のテイスト、ライ...

こんな感じが今のとこの希望です!

ととりあえず上で挙げた希望を全て伝えました。

わかりました。

実際にこれの中でイメージに近いものってありますか?

自家自讃」を見せられたため

  • リビングとウッドデッキがフルフラットになっているものや
  • ビルトインガレージの2階リビングの間取り
  • L字型のリビングで周回できるバルコニー

などがいいなからと思いますというお答えしました。

これが後々尾を引いてくることに。。。

「自家自讃」とは、住友林業の住宅実例集。実際のお客様宅を取材・撮影されているもので

後々知ることとなりますが、これを真似ようとすると総額が凄い金額になります😅

また、夫の仕事の関係で車2台はどちらも単独で出し入れ出来ると嬉しいと伝えました。

設計士
設計士

色々と仰っていただきありがとうございます。

次回までにプラン作ってきますね。

いますこし簡単に描いて見ます。

値段について、申込みについて

と間取りの聞き取りが終わり設計士さんがその場で簡単にプランを書き始めました。

その間にまた所長のターンです。

営業マン
営業マン

実際住友林業高いって言われるんですが、

概算ですが今のご希望でどれくらいなのか簡単に見積もってみました。

と空白の見積書に概算を手書きで書いた見積書を提示してくれました。

ただ、雰囲気としてこれはかなり安かった場合を言ってるんだろうな。。という感じがプンプンしました(笑)

ネット情報を見る限りそんな値段で行けるわけない!笑

また夫婦の仕事の話になり、夫婦二人ともある理由で割引できますよとのこと。

<br width=

奥様、旦那様ともにお仕事割引を頑張れますよ。本体価格はいろいろ私のところに上がってくる稟議を見る限りでは、72万程度でしょうか。

と所長っぽいもっともらしいことも言ってきます。

ただ、この本体価格は提案工事抜きのことなので実際の費用はさらに増えることは間違えないです。

わかりました。ありがとうございます。

最後に「申し込み制度」のお話とその期限の話を所長の方からさらっと話されました。

営業マン
営業マン

申し込みでよろしいですかね。

週明けまでに振り込んでいただければいいです。

とのことだったので申し込むのは決まってるし〜と

特に詳細は読まずに主人がささっと記入して、その場でお金もネット口座で振り込みをして終了しました。

ちなみに「申し込み制度」とは

住友林業で敷地調査・地盤調査・設計士による間取り作成・見積もり作成をするのに必要なものでその申込金の5万円はもし他のメーカーに決めても返ってこない仕組みです。

その代わり本気で提案しますよということのよう。

ただ、敷地調査や地盤調査などをしていなければ戻ってくるようです。



自宅で気づいた事

自宅に帰宅後、二人で疲れたねって話していたとき、

妻から「ひとつ申し込み制度の話の疑問があるんだけど?」と言う話になります。

申し込み制度の期限をさらっと土地の契約日と同じにされたけど、

あれって過ぎたらどうなるのかな?

細かい内容を確認してみると、

※申込人の都合により、上記「建築請負期限締結期限」迄に契約締結されない場合には、申込人が申し込みを解除したものと見なされても異議ありません

business_woman2_2_shock.png (569×773)

え、大丈夫なのかしら。。。私たちはすでに住友林業で立てたい気持ちはあるものの、ほかのメーカーも検討したいというのは担当営業にも伝えてあります。

土地の契約日は申し込みから1ヶ月もありません。それではなかなかしっかり検討もできない。。。

心配になり、夜遅かったのですが担当営業マンに直ぐにLINEで確認。

本日は、ありがとうございました。

同席できず、すみませんでした。

説明不足で申し訳ございません。

そちらを過ぎても大丈夫です。ご安心ください。

また、来週は私が担当いたしますので、よろしくお願いします。

良かった。

そこの説明、ちゃんとしてよ!と思いましたが、こちらが確認不足でした😰

契約書類にはしっかりサインする前に目を通さないとね!!

そんなわけで、一回目の打ち合わせ終了です。

打ち合わせを行って気づいた事

ということで今回は初回の間取りの打ち合わせに行きました。

住友林業は詳細の間取りを設計士に書いてもらう場合には申し込み制度があり5万円を払うことが必要です。

また、5万円にはネットには帰ってくるという情報もありましたが、地盤調査や敷地調査を行うとどうも帰ってこないよう。

少なくとも返ってこない可能性もあるので返ってきたらラッキーくらいに考えておくのがいいと思います。

また、申し込み制度の期間についてもよくよく確認してください!

住友林業で打ち合わせをする方はその点は注意、覚悟してくださいね笑

今回の記事が誰かの参考になれば嬉しいです。

次回も住友林業との打ち合わせについて書いていこうと思います。

あわせて読みたい
第九話【契約前】 住友林業打ち合わせ② ~プラン提案1回目~ 住友林業の打ち合わせが始まりました。 打ち合わせ内容をご説明します。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ブログ村に参加して、ランキング上位を目指しています。

面白かったという方は是非応援の下のアイコンをクリックをよろしくお願いします😃


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ

私たちのブログ村のプロフィール

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログ村のフォローはこちら


BLF@注文住宅を建てる - にほんブログ村

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

とにかくおしゃれで地震に強い家が建てたい家族の奮闘記。ハウスメーカー選定にブログ100記事分悩んでついに決定!!!!現在は住友林業と契約し打ち合わせ中です。主に悩んだダイワハウス、三井ホーム、積水ハウスも含めていろいろとまとめていきます😊