〜憧れのキッチンハウス〜提携しているHMと提携外との見積もり差を検証します。

ブログをご覧になっていただきありがとうございます。

私たちは土地を先に契約後に合計17社以上のハウスメーカーや工務店を検討、現在は住友林業と契約を行い、契約後の打ち合わせを行っているBLFと申します。

このブログは私たちがハウスメーカーなどを検討する過程、打ち合わせなどをまとめています。

何かの参考になればと思いますので、ぜひ最後までご覧ください!!

 

 

今回は私たちが一番最初に家を建てたいという時から妻がInstagramやPinterestなど見ていて強く希望していた

キッチンハウス(Kitchen house)についてです。

絶対に入れたいです。

とにかく私たちは提携あり、なしを問わず契約前の打ち合わせでキッチンハウス導入を条件に打ち合わせを進めてきました

(ダイワハウス、積水ハウス、パナソニックホームズ 、地元工務店、住友林業など)

そんな中、最終的には住友林業と契約してさらにキッチンハウスを導入したくなっています。

実際ネットのブログ記事とかでも住友林業=キッチンハウスというイメージになるほど

先輩施主さんもキッチンハウスを導入する方も多いです。そしてその理由は提携をしている安く入るということがあります。

一番はじめに提携を始めたこともありますね。

住友林業の提携のキッチンハウスの仕様についてはこちらでまとめています。↓

キッチンハウスは普通に見積もると、300万〜400万ほどします。

私たちはとにかくキッチンハウスの導入を主軸に打ち合わせを進めたため、提携あり、提携なし問わずキッチンハウスで話を進めたのですが、

実際に私たちが契約前に見積もりをとった提携外のメーカーの見積もりはは軒並み300〜400万以上でした

しかし住友林業は提携しているためオーダーメイドキッチンが150万〜で導入できる。

というのが住友林業はじめ提携しているハウスメーカーの強い魅力です。

住友林業でキッチンハウスが人気な理由は何と言っても値段です。

ただ意外と知られていませんが提携のハウスメーカーは住友林業以外にもあるんです

なので、今回は私たちの見積もりを紹介しつつ、住友林業以外の提携は他にどこになるの?というのをまとめていこうと思います!

目次

キッチンハウスとは

まずキッチンハウスの概要を簡単にまとめてみます。

興味がない方は読み飛ばしてください(笑)

キッチンハウスはオーダーメイドキッチン・カスタムキッチンを販売する会社となります。

キッチンハウスの概要

設立:1975年 

沿革:

1975年 東京都世田谷区に駒沢店を開業。

ドイツ製システムキッチンや、プロ仕様のキッチン用品の輸入販売を始める

1979年 オリジナルシステムキッチン国内生産を開始。日本風土に適したキッチン開発を行う。

1984年 群馬県藤岡市に藤岡工場を設立。システムキッチン専門工場としては日本最大級

2005年 株式会社TJMデザインとの合併。Tajimaツールのハード面とキッチンハウスのソフト面が新たなキッチンハウススタイルの可能性を広げる。

2008年 これまで培われた高圧メラミンワークトップ加工技術を生かした新スタイル商品“エバルト”を発売。

2011年 海外では初出店となる上海ショールームがオープン

ということでキッチンハウスは日本で生まれて世界へも羽ばたいていっているキッチンメーカーとなります。

元々は輸入から始まったんだね。
エバルトも意外と最近なんだ

キッチンハウスはオーダーメイドキッチン・カスタムキッチンを売りにしていますが、フルオーダーはやはり価格が高いです。

なので少し価格の安いベーシック(セミオーダー)あり、一言にキッチンハウス言っても実際にはオートクチュール(フルオーダー)ベーシックと2種類があります。

そしてこの2つは大きく価格差があり入れられる仕様も違いますので、全く違うキッチンと考えていただいていいと思います。

そしてハウスメーカーと提携!というものは基本的にベーシックが入るイメージです。

完全なオーダーメイドキッチンではないのは注意だね。

ただベーシックでもほかのキッチンに比べ選べるところは多いのであまり困らないかもです。

キッチンハウス(kitchenhouse)のメリット

次にキッチンハウスがなんでそんなに人気を博しているのか。メリットを考えてみたいと思います。

BLFが思うキッチンハウスのメリットは

  • オーダーメイドキッチンであること
  • エバルトという耐久性の高いが導入できる
  • 品質が高い(自社工場で1つ1つ製作している)
  • おしゃれなキッチン
  • ハウスメーカー提携で導入の場合は海外製食洗機が安く、綺麗に入れられる

があると思います。ということでそれぞれ簡単に説明します。

ミーレのイメージが強いですね。

オーダーメイドキッチンであること

日本の会社のキッチンだと一般的にある程度形、仕様が決まっていることがほとんどです。

いろんな施主さんのブログを見ていても、クリナップ、リクシルなどのキッチンをある程度こだわって作ろうとしていくと、特注となり金額が跳ね上がるようです。

実際私たちもリクシルのショールームでは特注となりキッチンハウス以上に高額になりました(笑)

その点キッチンハウスのキッチンはオーダーメイドキッチンなので選択できる仕様の数が豊富なことがメリットです。

さらに特注となっているキッチンと比べても同じか場合によっては私たちのように安い場合があり、自由度の割に安いというのも人気な点かなと思います。

規格外、特注は値段がリアルに倍増します。。

エバルトという耐久性の高いが導入できる

エバルトとは多くの欧州トップメーカーが扱うキッチンに最適な高機能メラミン素材のことです。

さらに扉とワークトップの両方に使用できるため、無垢材を彷彿とさせる表現力豊かなテクスチャーと豊富なカラーバリエーションで、様々なコーディネイトが可能となります。

カラーバリエーションも豊富です。

またキズ、摩耗、汚れ、水、衝撃に強く、お手入れしやすいなどのメリットがあります。

正直今はやりのセラミックトップとどちらが優れているのか?

についてはメリット、デメリットあるのでなんとも言えませんが、耐久性は十分なようです。

エバルト

品質が高い(自社工場で1つ1つ製作している)

キッチンハウスのキッチンは自社工場で職人が1つひとつ作っているとのこと。

なので工場ラインで生産している他の既存のキッチンと比べて値段は高いですが、その分品質が高いことは間違いないです。

職人さんがしっかり仕上げてくれるようです。

いつまでたってもやはり人間は手作業に惹かれてしまうものですね(笑)

オシャレなキッチン

これは言わなくてもというところですが、とにかくおしゃれなキッチンといえばキッチンハウス!

というほどオシャレさに関しては右に出るものはないかなと思います。(高級なオーダーメイドキッチンを除いては)

キッチンハウス

それはキッチンの形が自由に選べるということもそうですが、

素材の質感であったり、豊富なワークトップや扉の色の選択肢により床材や家の内装にマッチした自分だけのキッチンを作れるというのも理由かと思います。

私たちは自分たちのセンスが信じられないので
インテリアコーディネーターさんにガツガツお願いしてオシャレな感じに仕上げるつもりです(笑)

ちなみに完全なオーダーメイドキッチンで行く場合、フィオレストーンというさらに高級なものも選べて高級感をさらに増すことができます。

フィオレストーンは93%が天然の水晶で出来ています。残り7%はポリエステル樹脂や顔料などから出来ている素材で天然石のような見た目です。また、天然石の欠点である大きさを取れない、汚れが染み込みやすく脆い等を克服してオシャレかつ丈夫な素材です。

ということでオシャレに作ることに関しては天井がないのでは?というくらいこだわり尽くせるメーカーです。

オートクチュール(オーダーメイド)は本当にこだわり尽くすととってもおしゃれになりますが、大変な金額になります(笑)

ハウスメーカー提携で導入の場合は海外製食洗機が安く、綺麗に入れられる

これに関しては現在懸念されている方も多いと思いますが、

元々はキッチンハウスを提携のハウスメーカーでいれると

海外製の食洗機が安く入れられる!!という利点が言われていました。

ミーレ45cmが+17万 ミーレ60cmが+35万

ただ、昨今のコロナの影響で海外製の食洗機は軒並み受付を停止しており現在は完全に受付がされていません。

※最新版で明記していますが、住友林業では現在、海外製が復活しておりボッシュの食洗機が導入可能です。詳しくは最新版をご覧ください!

なので現在はボッシュ45cmが+17万、ボッシュ60cmが+32万となっています。

しかし、現在はボッシュも特に60cmは入荷時期が再度未定となっています。

追加情報があれば再度記載します。

いつになったら海外製食洗機の需要と供給は安定するのか。。。(涙)



キッチンハウスが提携しているハウスメーカー

さて上でも触れたようにキッチンハウスと提携しているのは住友林業が有名です。

私たちも最初は住友林業だけなのかと思っていましたが、キッチンハウスを導入をまず決めてから打ち合わせを進めて言ったこともあり、実際にいろんな会社と打ち合わせをする上で

営業さん

うちもキッチンハウスと提携ですよ!

という会社が2つありました。

ネットなどでは調べるとわかる感じでしたが、営業さんもすぐに即答ではなく、

キッチンハウス期になるんですよね〜

と伝えて

営業さん

そうなんですね。
高いと思いますが、見積もりとってみますね。

と答えてくれたら。次回の打ち合わせで

営業さん

実はうちも提携みたいでした!

と教えてくれた程度なので、社内ですごく浸透してるわけでもないのかもしれません(笑)

そしてそれがどこなのかということですが、BLF調べで

2021年10月27日現在、ハウスメーカーでキッチンハウスと提携しているのは

…..

…..

…..

…..

…..

…..

「三井ホーム」「住友林業」「ダイワハウス」の3社のようです。

特にダイワハウスは全然ネットでも情報が出てこなかった笑

私たちのブログを読んでくださっている方はお気づきかもしれませんが、偶然にもこの3社は私たちが最後まで検討していたハウスメーカーです。

↓ハウスメーカーで三井ホーム、ダイワハウス、住友林業の3社で迷った心情をブログにしてますので良かったら見てください♪

ちなみに積水ハウスもコラボをしているようですが、値段が他社ほど安くないので含めませんでした。

この3社をトコトン悩んだ私たちだからこそのキッチンハウスの魅力や各ハウスメーカーのキッチンハウス比較をやってみたいと思います。

パンフレットと実際の見積もりを見て比べていくよ〜



各ハウスメーカーの比較について

そんな各ハウスメーカーの私たちがもらった冊子はこちらです。

(右上:積水ハウス 右下:ダイワハウス 左上:三井ホーム 左下:住友林業)

各ハウスメーカーで貰ったパンフレットになります。

積水ハウスさんはコラボはしているためキッチンハウス専用のパンフレットがあるみたいで、おまけとバランスのために入れました(笑)

私たちは、キッチンについてキッチンハウスと提携しているハウスメーカー、提携していないハウスメーカー関係なく、キッチンハウスで見積りを出していただきました。(謎のこだわり)

というわけで、キッチンハウス提携しているハウスメーカーの前に提携していない所で、キッチンハウスを導入しようとするとどうなるのかからいきます!

パナソニックホームズのキッチンハウスの見積もり

まずは、提携していないハウスメーカーの中で、一番詳細に金額をだしていただいた、パナソニックホームズからやっていきたいと思います。

まず、価格について見ていきたいと思います。

パナソニックホームズで出していただいたキッチンハウスの見積書になります。

なんと税込みだと400万超え!!!!です😅😅😅

憧れだけど、さすがにこの金額は到底手が届かない・・・

では、この価格となった仕様について見ていきましょう。

提案書に載っていた、CGでデザインはこちらです。

スッキリとしたデザインが特徴です。

これについては仕様は営業さんが選んでくれたものなので好みかどうかは別問題です(笑)

多分妻の好みではないですw

続いて、詳しい仕様はこちらです。

となっていました。

仕様について簡単については

  • シンクはスクエアシンクオ、洗剤バスケット付き。
  • 水栓はMINTAのもの(本当はタッチレスが良かったけど反映されてなかった)
    食洗機がBOSCH W600のもの(現在は新規停止状態)
  • レンジフードは横壁付け用ARIAFINAのもの
  • コンロはIHでパナソニック製もの

となります。

食洗機はお金をかけたものの、他はそんなにオプションを豪勢につけませんでしたがこの金額です。

やはり普通にオーダーすると高額すぎるキッチンハウス様です。。。。

詳しくはこちらで話しています。

提携ではないなら、トクラスなど他のメーカーのキッチンも十分優秀だしそちらにするかもしれないですね。

トクラスの記事はこちらから飛べます。

提携ナシではさすがに高すぎるオーダーメイドキッチンですが、提携だとグッと手が届くものになってきます。

では、三井ホームから見ていきましょう!



三井ホームの提携キッチンハウスについて

三井ホームのキッチンハウスのパンフレットはこちらになります。

私たちの持っているパンフレットは2021年1月作成第一版です。

こちらのパンフレットの情報を元に記事を作成しますので現在のものと相違があったらすみません💦

パンフレットは43ページ構成となっております。

ちなみに三井ホームで見積りを取った際、担当営業マンがネット上で選択をして私たちの理想を詰め込んだものになるため一番理想に近いキッチンになっていると思います。

契約前だけど実際に自分たちで選びました。

選んだ仕様についてはこちらです。

と色なども含めて細かく選びました。(パソコンで)

こちらも仕様を簡単にまとめると

  • 水栓はデルタ製 タッチモデル マットブラック(オプション+14万円)
    シンクはスクエアシンクポケット付
  • 食洗機がBOSCH W600のもの(現在は新規停止状態)
  • レンジフードは横壁付け用ARIAFINAのもの
  • コンロはIHで日立の3つ口(こちらは曖昧です)
  • +ダイニングテーブル(オプション+14万円)

となります。

自分たちの好きなオプションをつけました。

他社よりダイニングテーブルをつけたり、水栓をいいものにしたりと色々オプションモリモリにしています(笑)

では、三井ホームでの見積りを見ていきましょう。

……..

………..

…………..

ドンッ

金額は約260万円(税込)ほどとなりました。

キッチン+ダイニングテーブルの価格で、オプション付けたもので
これくらいが妥当?

やはり提携だと安いのかなと感じます(麻痺)

これでもかなり値段が高いということは気づかないふりをしてください(笑)

三井ホームのキッチンを選んだ回はこちら

ダイワハウスの提携キッチンハウスについて

続いて、ダイワハウスです。

ダイワハウスのパンフレットはこちらとなります。

私たちの持っているパンフレットは2020年4月作成のものです。

こちらのパンフレットの情報を元に記事を作成しますので現在のものと相違があったらすみません💦

パンフレットは三井ホーム同様43ページ構成となっております。

三井ホームと住友林業と唯一違う点は、ダイワハウスのパンフレットのみ税込み表示になっているところかなと思います。(私的には税込みの方が良心的だと思う)

ダイワハウスもある程度仕様を選びました。それがこちら

  • アーチレッグテーブル1800cm
  • 日立3口IH+オーブン付きモデル
  • 水切りプレート付き
  • ミーレ45cm
  • 水栓:リクシルタッチレス

という形でした。

これについては一般的な内容を入れた感じです。ダイニングテーブルは特注のわりに安いのかな?と思っていました(錯覚)

ただミーレが45cmだったりとまだ値上がり要素ありそう。

そんなダイワハウスのキッチンハウスの見積もりは.

……..

………..

……………

……………….

ドンッ

金額としてはやはり200万程度でした。

値段は三井ホームと差がないので、金額差は自分たちが選んだ仕様の違いです。

また、ダイワハウスの営業マンはキッチンハウスをご存じ無かったようで、私たちが望んでおり調べたら提携でしたという流れでした。

ダイワハウス×キッチンハウスは浸透していないかもしれないです💦

ただ、パンフレットは2020年4月モデルだったのでそれくらいにはあったはずなんですけどね。

キッチンを選んだ打ち合わせはこちら

住友林業の提携キッチンハウスについて

最後に住友林業です。

住友林業のパンフレットはこちらになります。

私たちの持っているパンフレットは2020年6月作成第6版のものです。

こちらのパンフレットの情報を元に記事を作成しますので現在のものと相違があったらすみません💦

さすが第一人者だけあって第6版ですね。

パンフレットは三井ホーム、ダイワハウスよりも分厚く57ページ構成となっております。

さすが、最初にキッチンハウスと提携したハウスメーカーという感じがします。

次に仕様ですが

BOSH45cmの食洗機(17万+)

バックセットW2750に変更(12万+)

水栓:デルタ製タッチモデルマットブラック(14万+)

でした。

個人的に変更が必須なのはコンロを3口にするところとミーレ(海外製食洗機)ですね。

ちなみにデルタ製のタッチモデルの水栓は、センサーで水が出る水栓よりさらに上で、ヘッドのどこかに触れると水が出るという優れものです。

センサーがうまく反応しない!
というセンサー式のタッチレス水栓のデメリットを克服しているもので、キッチンハウスのショールームで進められました(笑)

絶対必須じゃないものも入れて契約前なので多めに見積もっています。

そして見積もりはこちらです。

…..

……..

………..

…………..

ドンッ

とこちらも税込で200万程度でした。

やはりキッチンハウスは165万(税込)〜という商品ですが、なんだかんだオプションで40万程度は上がっています。

最新版はこちらでまとめています。



番外編)グラフテクト(GRAFTEKT)という選択肢

ちなみにキッチンハウス提携してないハウスメーカーや工務店なんだけどお安くキッチンハウスのおしゃれなキッチンを入れたい!という方は

グラフテクトというキッチンハウスの姉妹ブランドを候補に入れてみてもいいかもしれません。

キッチンハウスの素材が驚くほど安く入れられるよ!

グラフテクトはキッチンハウスで使う材料などはそのままに、選択肢が少し狭まる分お安くいれることができるよという特徴があります。

また扉材、天板の色と合わせて、家具までセレクトできます。

税込価格は82.5万円〜(キッチンのみ)ととってもお安いです。

完全なオーダーメイドと比べると半分以下ですね。

グラフテクトについてはネットで見積もりがとれるので

とったときのものをみてみると

バックセット
キッチン

という形でキッチン本体は100万切る価格で、バックセットと合わせても150万以下の値段でした。

提携の金額より安いね!

ただ、選択肢については住友林業などで選べるものよりさらに狭くなっており、天板の色などについても少し絞られている印象。

また、厳密にいうとキッチンハウスではないため、そのブランドに惹かれている人は選べないかもしれません。

ただ、名前はなんでもいいからおしゃれなキッチンを安く入れたい!

という方にはピッタリかなと思います。

グラフテクトはテレビボードなどもあるため
それも合わせてトータルでコーディネートするのも良さそうですよね!

その他の選択肢について

ちなみに現在はキッチンハウスと並行してトーヨーキッチンのキッチンも検討しています。

PARALLELO Square & 3D シンク 画像
公式HPより

トーヨーキッチンもオーダーメイドに近いキッチンメーカーで海外製食洗機などを入れることができます。

さらに、トーヨーキッチンのガゲナウの食洗機はまだ今からでも導入できるようなので海外製食洗機が気になる!!

という人はチェックしてみてください!

金額はキッチンハウスの提携より高いので迷います。

まとめ

今回はみんな大好き?キッチンハウスをまとめました。

キッチンハウスを提携しているのは三井ホーム、ダイワハウス、住友林業がありそれぞれ値段差はありません。

165万(税込、バックセット込み)〜でキッチンハウスを導入できてしまいます。

キッチンハウスについてのまとめは

  • キッチンハウスは国内メーカーである。(そして割と老舗)
  • キッチンハウスは提携にしないと400万超え確実の高額キッチンである
  • 提携しているハウスメーカーは3社(BLF調べ)
  • 提携したハウスメーカー3社でも若干選べる仕様に差がある
  • グラフテクトはキッチンハウスと同じ材料で安く導入できる

となります。

値段に関しては

フルオーダーキッチンハウス>提携HMキッチンハウス>グラフテクトの順で値段が安くなります。

ぜひ、キッチンハウスに興味のある方で安く取り入れたい方は、住友林業、三井ホーム、ダイワハウスで検討してみては?

コスパは結構いいと思います!

今回はこれで終わりになります。誰かの参考になれば嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ブログ村に参加して、ランキング上位を目指しています。

面白かったという方は是非応援の下のアイコンをクリックをよろしくお願いします😃


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ

私たちのブログ村のプロフィール

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログ村のフォローはこちら


BLF@注文住宅を建てる - にほんブログ村

また家系ブログを始め方もまとめました。

お時間がありましたらぜひご覧ください。



よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる