第60話 最終局面 値引きが値引きを呼ぶ展開

私たちは土地を先に契約し現在は合計13社以上のハウスメーカー、工務店を検討しています。このブログは私たちがハウスメーカーなどを検討する過程、打ち合わせなどをまとめています。これから注文住宅を検討する方、打ち合わせ中の方などの何かの参考になれば嬉しいです。

これまで色々のハウスメーカーや工務店と打ち合わせをしてきてついに明日ハウスメーカー決定予定!(ブログ的には)

ここで今までの状況をまとめつつ、最後の交渉に向かいたいと思います。

それぞれの状況は下にリンクがあります。

現状どこのプランも色々各社の特徴が出ているものになっていて、どこで建ててもいい!くらいに詰めることができました。

住友林業の状況はこちら

ダイワハウスの状況はこちら

三井ホームの状況はこちら

積水ハウスの状況はこちら

キッチンハウス工務店の状況はこちら

地元の工務店の状況はこちら

ということでそれぞれ見積もり、値引額が出揃って、ついにどこにお願いするかを数日以内に決めていくという時の心の動きについてもまとめていきます。

この記事でこのブログも99話目。長かったような、短かったような。

ある意味達成感があります(笑)

ということで早速始めます!

目次

最終的な値引きが揃っての夫婦の意見

ここまで色々な企業との打ち合わせ、見積もり提示をいただき値段、間取り、担当者での評価がつきました。

その話はこちらで詳しく話しています。

あわせて読みたい
【BLF夫婦調べ】ハウスメーカー徹底比較表!!~BLF夫婦の提案された間取りの坪単価公開します~ 今回はハウスメーカー決定前にこんなに時間をかけてこんなにメーカー選定をやっている暇な(?)私たちだからこそ出来る比較をやってみたいと思います。 ズバリ、ハウス...

その表についてまとめると

価格の比較

値段

地元工務店A<(ミサワホーム)<積水ハウス<住友林業≒三井ホーム≒ダイワハウス<(パナソニックホームズ) <地元工務店B

*安い順 *()は脱落済み

値段は地元工務店Aがダントツで安く、それ以外はほぼ横ばいでした。

また、パナソニックホームズ と地元工務店Bが高いのは、各社キッチンについてはキッチンハウスの提案で統一しており、その会社にはキッチンハウスの安い提携商品がなかったことが影響しています。

それだけで200万くらいの差額に。。笑

間取りの比較

間取り

地元工務店A=(ミサワホーム)<地元工務店B=(パナソニックホームズ )<積水ハウス<住友林業=ダイワハウス=三井ホーム

という結果になりました。

やはり間取りの満足度はハウスメーカーの方が優っていました。ハウスメーカーの設計士さんは”魅せ方”が上手ですね!

大手のHMほど優秀な人が多い印象です。(ハズレが少ない)

担当者の比較

担当者

(パナソニックホームズ )<地元工務店A<(ミサワホーム)=地元工務店B<超えられない壁

<積水ハウス<三井ホーム<住友林業<ダイワハウス

とやはり間取りの上位がそのまま担当者の評価の高いところでした。

営業担当+設計担当(+インテリアコーディネーター)の評価の総合よ。



最終的に建てたいハウスメーカー候補の3つ

上の評価をもとにこれらの中で私たちが総合的にここで建てたいなという企業は3つでした。

この部分の意見は一致。

その企業は

。。

。。

ダイワハウス三井ホーム住友林業(順不同)

です!

これはある意味予想どうりの展開だったとも思います(笑)

やはりこの3社になるよね。

ただそれらについですごく惜しかったのは積水ハウス地元工務店A

(地元工務店BはHMより評価が下なのに高かったため即脱落)

それらについて少しだけ触れます。

積水ハウスが脱落の理由

積水ハウスは担当営業さんは優秀でした。

ただ契約が先ということもあり本格的に設計を動かしてくれた感じでもなかったため、間取りの点数がどうしても高くなりませんでした。

住まいの夢工場を見て積水ハウスの商品(ベルバーンなど)についてはすごく惹かれたので残念ですがここで脱落となりました。

営業担当が違えば一番の選択肢になったかもしれません。

さすがなんでもできる積水でした。

あわせて読みたい
積水ハウスが誇るベルバーンの唯一無二の魅力 今回からずっと前からやりたかった企画。 ネットであまりハウスメーカーをよく思わない方もいらっしゃると思うのですが、そんな方もついつい気になっちゃうようなハウス...

地元工務店Aの脱落の理由

地元工務店Aは全てオンラインで間取り提案までいただきました。

またプランニングシートからのみでかなりの間取りの要望も叶えてくれ、さらに安いという夢のような企業でした。

値段自体もかなり安く耐震等級3などの基準も満たしていたため、惹かれましたが検討し始めた時期が悪かった。。

感染拡大の時期に被ってしまい、完成宅訪問などに行くことができず、実際にその工務店で建てたお家を見ることができず、オンラインのみで契約まで行く勇気がなかったです(笑)

本当だったら、完成宅訪問に行ってしっかり検討できれば十分に候補になったはずだったのに。

最後の最後の方で資料請求したためタイムオーバー。

資料請求の時期が遅かったな〜と少し反省しました。資料請求はタウンライフでしました。気になる方は早めに検討することをお勧めします😥

あわせて読みたい
第45話 悪名高い?資料請求で地元の工務店に資料、間取りを貰ってみた。実体験を語ります。 私たちはハウスメーカー、工務店をしっかり検討したいということで土地を自分たちで契約し土地先行融資で土地ローンを始めながらハウスメーカーを検討しています。 前回...

最後に残った3つのHMについて

そして最後に残ったダイワハウス、三井ホーム、住友林業についてです。

これまでの流れを簡単に説明すると

はじめは住友林業とダイワハウスの一騎打ち状態。

そして一度、正直にダイワハウスと契約寸前まで行きました(すみりん脱落のあたりで)

そのタイミングで住友林業が脱落しましたが、同時期に三井ホームを検討し始めたため、ダイワハウスと三井ホームの一騎打ちになりました。

しかしひょんなことから

復活のS(sumirin)

と住友林業が復活してそれ以降は三つ巴となりました。

フリーザ様のような戦闘力で復活。

なかなか複雑な展開(笑)

上のランキングでも

  • 値段はほぼ横並び(やや三井ホームが高い
  • 間取りもほぼ横並び(少しだけダイワハウスが上
  • 担当者もほぼ横並び(少しだけ住友林業が上

とほぼほぼ横並び。値段の分三井ホームがやや劣るかなという印象でしたが、

三井ホームは今の値引額からもう少し値引きできるのでは?という予想もしていました。

まだ振り絞った値引き感がない!(スパルタ)

間取りは

三井ホームが子ども寄り(ファンタジーな感じ)、ダイワハウスが大人寄り(ラグジュアリーな感じ)、住友林業が中間。

と行った感じでした。

ただ本当に僅差すぎて選べない。。

と困った私たち。

ただいつかは選ばなきゃいけません。さらに急かしてくる営業マンとの攻防が始まります。



まず始めたのは住友林業

住友林業との打ち合わせの際、値引きはこれで精一杯ですよ〜という流れから提示された額は私たちの予算より軽自動車1台分高いくらいでした。

この辺は前回の打ち合わせ編と記載した内容と被りますが

そのまま続きと思っていただければ大丈夫です!

住友林業営業マン
住友林業営業マン

実際どうですか?お値段的には?

と営業マンさんからのジャブが入ります。私たちは正直に

気に入っているHMさんはほとんど横並びの値段で、この額もほとんどそれと同じくらいですね。なので詳細を詰めて見ないと決められないです。

と答えました。続けて

一度ある一社と契約寸前まで行きましたが、その時の懸念も結局は予算オーバーであることだったので、その点は検討ですね。

と伝えました。

まあ、この辺は少し意図を込めて言いましたが、素直な感想でした(笑)

上席
上席

なるほど。。

予算内になったら結構検討できるっていうことでしょうか

とさらに攻めてきます。

予算で全てを決めるわけじゃないんですが、それはかなり大きいですよね。

と伝えました。この辺はすでに腹の探り合いですね(笑)

上席
上席

わかりました。本日中に支店長決済をとって、営業に届けさせます。

とブラック企業丸出しの提案。ただ、残り時間も少なかったため了承します。

ということで帰って値引額を待つことに。。

住友林業お家に届けれれた値引額は?

夜遅くになってもなかなか連絡が来ず、約束の時間寸前に

住友林業営業マン
住友林業営業マン

すみません。決済をとるのに時間がかかっており、

時間通りに行けなそうです。

と連絡がありました。大丈夫ですと返事をし気長に待っているとついに。

住友林業営業マン
住友林業営業マン

遅くなって申し訳ありませんでした。

これがその見積額となります。

と見せてもらいました。その額はなんと予算内。軽自動車1台分の追加値引きが。

ただ、この話には落とし穴がありました。

住友林業営業マン
住友林業営業マン

ただ、前回の打ち合わせで値上がりになった窓ガラスやタイルなど分はこれに入っていません。なので値上がり分を入れたものはこれです。

と予算内になったはいいものの、すぐ窓やタイル分の90万ほどが上昇し再び予算を超えました(笑)

ただ契約前にしっかりと値上がり部分を吸収できた??

とある程度大きな値引きをいただき検討することに。

この額だって。どうする?

と夫は乗り気でしたが

まあ、いい感じだけど結局予算超えちゃってるしね。

それに私は三井ホームとダイワハウスも諦めきれないし。。

とその場で契約には至りませんでした。



次はダイワハウス

その次の日。ダイワハウスの営業さんから再度連絡があります。

ダイワハウス営業マン
ダイワハウス営業マン

そろそろ期限ですがどうですか?

といつも通りジャブが入ります。

私たちはすでにどのハウスメーカーにもあまり隠さず伝えているため

今3社で迷ってます。

ただ、住友林業が一番安くなってきていて、それも1つの候補です。

と伝えました。そもそもダイワハウスが一番間取り的には衝撃があり、私たち夫婦の中では建てたいという思いが強かったのですが、やはり予算オーバー感が否めません。

そのことを率直に伝えると

ダイワハウス営業マン
ダイワハウス営業マン

そうなんですね。。ダイワハウスを気に入っていただいているからあとは値段の部分だけですよね。私もできる限り動いています。

とのこと。ちなみに、、ということで住友林業の額を聞かれたため素直に予算内の方の見積もりを伝えました(笑)

ちょっとズルしちゃった気もするけど、そもそもダイワハウスには融資手数料が入っていないから額面上より100万以上高いんだよね。だからしょうがない!

とある種、情報戦です。

後日営業マンから連絡があり

ダイワハウス営業マン
ダイワハウス営業マン

上司の決済が取れました。

この額で是非私たちにお任せください。

と住友林業の値段と同じ額まで値引きをいただきました。

この額はすごい。。かなり惹かれてしまう。

ただ、ここでも決めず、三井ホームの出方も見ることに。

最後は三井ホーム

ダイワハウス、住友林業がほぼ同じ額になりました。なので三井ホームはそうなってくると不利です。

ただ、間取りのおしゃれさなどは一番だと思っているし、ロフトや全館空調などもあり、まだまだ惹かれている私たち。ちょうど営業マンさんから連絡がありました。

この前懸念されていた設計士の件ですが、

代わりの設計士のアポが取れたので打ち合わせはどうですか?

あと進捗は率直にどうですか?

実は三井ホームだけは設計士さんとマッチしておらず、ほぼ営業マンさんの力だけで最終候補まで残っている三井ホーム。

設計士に懸念があることは正直に伝えたところ、担当替えを提案されていました。その件での連絡でした。

ありがとうございます。是非お願いします。

進捗ですか。。正直三井ホームさんがかなり気にっているんですが、他社がかなり値引きしてきてやや三井ホームさんが不利な状況で、今悩んでします。

と伝えました。

あ、そうなんですね。。

他社はあれ以上値引きできたんですね。。

うちは一番坪数も大きいのでなかなか難しいかもですが、うちも検討させてください!

とこれまた、値引きを検討いただけることに。

少し狙ってはいますが、そこまでゴリゴリ値引きをしてくれ!とお願いはしていないものの、全社の営業マンさんはどこも頑張っていただけます。

だからこそ悩ましいんだけど。

後日連絡があり、住友林業、ダイワハウスとほぼ同じ価格でいけるので検討してくださいとのことでした。

これでいよいよ価格で決めることはできなくなりました。。



最後の相談

ただいつまでも悩んでいてもしょうがないので、もう決める!と強く決意し、この3社の現在の見積もり、間取り、その他の情報をしっかりとまとめ、夫婦会議が開始となりました。

正直、3社とも良すぎで、3つ建てたい気持ち。

私も。。

選びたくない。。宝くじ当たらないかな?

とそんな非現実的なことを言っていても始まらないため、具体的に相談を開始します。

ハウスメーカー決定の流れ

これまでの家づくりの打ち合わせや相談から、私たちが大切にしている具体的な項目は4つです。

それらを総合的に考えて、互いに夫婦それぞれがどこがいいかを考え、決めて相手に伝え、お互いの意見が一致したときに決めることとしました。その項目は

  • 間取り
  • 営業、設計担当
  • 値段
  • 性能(断熱性や構造)

です。それぞれの差は少なくても全てを総合的に考え少しでも差があれば決める!ということにしました。

悩ましいけど、ついに決める時が来たね。

後悔のない選択にしたいね。

とお互いにそれぞれ考えます。

そして自分が考える建てたいハウスメーカーを決めてそれぞれ発表しました。

すると。。

。。。。

。。。。

意外にも一発で一致

お互いに相手は他のハウスメーカーにする!と思っていたためびっくりします。

絶対〇〇だと思ったのに。

意外。

私はなんとなく可能性は感じてたけどね。

ただ、●●も完全に捨てきれないから、最後の交渉次第かな。

妻の中で値段の懸念がまだ残っていますが、

大きくは、お願いするハウスメーカーを決めました!(私たちの中で)

ただ、値段的に少し最後の相談が必要そうです。



最後の交渉

さてタイトルの通り最後の交渉です。

意外かもしれませんが、これまで私たちは”値引きして!”て一度も言ったこともないし、お願いしたこともありません。

理由は単純で

検討する時間が欲しかったから

本当はまだまだ検討していたいくらい。

なぜなら値引きをお願いする=リミットを設定されそれまでに決断を迫られる

ということです。(まあ、値引きをお願いしなくても、勝手に値引きが発生し迫られたことはたくさんありますが)

小さな違いなのかもしれませんが、向こうが勝手(言い方悪いですが)値引きして期限を決めた文に関しては私たちがお願いしていないものなので、期限を超えることは可能です。

しかし私たち(施主側)がお願いした場合は、やはり期限内にイエスかノーかは決める責任が発生します。

なのでこれまで一切私たちから値引きをお願いすることはしませんでした。

値引きのお願いは一回キリの最後の手段ですね。

当然値引きをしていないところは値引きを無理にお願いしてはいけません。

あくまでも値引きが当たり前のハウスメーカーでの戦略です!

郷に入れば郷に従う。

あくまでも相手に合わせた戦略が必要です。

ということで私たちが決めたハウスメーカーに連絡しました。

と今回はここまで、次回で契約編完結です。

まとめ

今回は検討していた複数社から最終候補を選出し、そこから最後の交渉をした流れをお話ししました。

お金は契約後は基本的には下がらないもののため、ここは心を鬼にして頑張りました。

次回でついに100記事目。契約編です。

果たしてどこのハウスメーカーに決めたのか。乞うご期待です!

私たちの決断をお話しします。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ブログ村に参加して、ランキング上位を目指しています。

面白かったという方は是非応援の下のアイコンをクリックをよろしくお願いします😃


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ

私たちのブログ村のプロフィール

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログ村のフォローはこちら


BLF@注文住宅を建てる - にほんブログ村

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる