住友林業と契約した私たちがパナソニックホームズを断った理由は?

ブログに来ていただいてありがとうございます。

このブログはBLFというハウスメーカーを17社以上検討して住友林業と契約した施主が注文住宅を建てる過程を記録しているブログになります。

家を建てようと思ってからハウスメーカー検討→打ち合わせ→家の建築と家を建てる過程の全てでブログにのこし記録に残しています。これから家を建てる人、家を建築中の方に体験談も含めて色々実体験を200記事以上にまとめています。

なのでどこかに必ず参考になる記事があると思いますのでぜひ最後までご覧ください!

参考になると嬉しいです!

*間違っているなどあればできるだけ正しい情報を提供したいのでご指摘ください。

私たちは数多くのハウスメーカーを検討しましたがその中にパナソニックホームズもありました。パナソニックホームズは鉄骨系のハウスメーカーで外壁のタイル全館空調が有名です。そんなパナソニックホームズは私たちの中でも検討されたメーカーでした。

ただ、結局は私たちは住友林業と契約することになったわけですが、それにはいくつかの理由がありました。

今回は住友林業と契約した私たちが検討していたハウスメーカーパナソニックホームズについて、なぜ住友林業と契約しパナソニックホームズを断ったのかについて書きたいと思います。

断った理由って、人それぞれですが
ハウスメーカーを迷っている方の参考になったらいいな!

あくまで、BLFファミリーの一意見となりますがこの記事は

  • どのハウスメーカーで建てるか迷っている方
  • パナソニックホームズを検討されている方
  • 住友林業を検討されている方
  • なぜBLFがパナソニックホームズを断ったのか知りたい方(いるのか?笑)

の方にオススメです。

※何度も繰り返しますがこれから書く内容については、新築を検討したBLFの一意見として気軽にご覧ください。

その他のハウスメーカーを断った理由はこちら

記事のもくじ

そもそもなぜパナソニックホームズを検討したのか?

まず、私たちがなぜパナソニックホームズを検討する事になったのかについてお話ししたいと思います。私たちがパナソニックホームズを検討したきっかけは実は三井ホームです。

三井ホームは、洋風なお家が得意ロフトが有名かと思いますが、一番気に入ったのは、全館空調でした。

花粉症もあるし、コロナもあるし、何より快適な生活には全館空調って必須かも?!

と一気に全館空調に興味を持ち始めた夫婦は、全館空調が得意なメーカーを検討したくなりました。

そんな事を思っていた矢先、三井ホームの担当営業さんが

三井ホームの営業さん

全館空調はやはりトヨタホームやパナソニックホームズや三井が得意です 。

という情報を教えてくれた事もあり、パナソニックホームズが気になり始めました。

また、パナソニックホームズ について家系のブログを色々調べたり、youtubeを見たりして調査を行い

良さそうなハウスメーカーじゃん!

と夫婦ともに気になったので、パナソニックホームズ の展示場に実際に行ってみることになりました。

つまりきっかけは

三井ホームの見学で全館空調を気に入り、全館空調得意なハウスメーカーとして見学に行った

というものでした。

今思うと適当な入りでしたが、その全館空調もさることながら様々な魅力がありさらに惹かれていきました。

パナソニックホームズの打ち合わせが開始

そんなことでパナソニックホームズと打ち合わせを開始しました。パナソニックホームズは展示場に直接訪問する形で出会いました。

そこで30代くらいの営業さんに出会い打ち合わせを開始していきました。

営業さん

ぜひ提案させてください!

パナソニックホームズの契約前の打ち合わせを振り返ると、

  • 打ち合わせ自体は4回。(他のメーカーと比べると少ない)
  • 打ち合わせには設計士さんが参加してくれた(ネットではいない事もあるらしい)
  • 間取りのプラン提案のヒアリング等は電話で打ち合わせした。
  • インテリアコーディネーターさんとは打ち合わせなし
  • 値引きのお話しなどもリモートで行った

でした。

パナソニックホームズの 打ち合わせの数がそこまで多くはなかった理由は、

  • 出会った時期が終盤で時間がなかったこと
  • 電話でのヒアリングが多くそく間取り提案だったこと

が原因でしたが、それなりに納得の間取りとなりました。ハウスメーカーとの打ち合わせに慣れてきて要望を伝えるのが上手になったこともあるかもしれません(笑)

と打ち合わせ自体は少なかったものの、パナソニックホームズについてしっかり検討はできたと思います。

しっかり間取りの提案も値引き交渉もできました!

ただ、結果としてはパナソニックホームズをお断りすることとなりました。なぜ、パナソニックホームズを断る事になったのか書いてみようと思います。

他社と比べてのパナソニックホームズの懸念点(断った理由)

では、早速パナソニックホームズの断った理由についてまとめようと思います。

パナソニックホームズの他社に比べての懸念点は大きく分けて3つあります。

  • 営業マンが他社に比べて不安材料になってしまったから
  • 設計士さんが他社に比べて不安材料になってしまったから
  • 値引き後の金額も高額だった

3つの理由のうち、営業マンさん、設計士さんの理由が大きいです。

①、営業さんが他社に比べて不安材料になってしまったから

パナソニックホームズを断った一番大きい理由は営業さんが不安材料となってしまったからです。

まずは、営業さんについてお話ししたいと思います。

営業さんが重要だなと感じさせられたパナソニックホームズでした。

そもそも上で少し話したようにパナソニックホームズに出会ったのは、ハウスメーカー検討の終盤でとにかく時間がなかった時でした。

なので、パナソニックホームズの展示場にもアポなし土日に伺いました。

これが良くなかったかも。。。

アポなしで土日に展示場に向かい、出会ったのがパナソニックホームズの担当営業さんでした。

パナソニックホームズ営業さん

こ、こんにちは!
よろしくお願いします。(緊張ぎみ)

最初にお話しした時から、30代くらいなのにどこかぎこちない印象(緊張してる)の営業さんでした。

ファーストインパクトって意外と当たってる?

少し話がずれてしまいますが、

展示場で出会う営業さんが当たりになるにはいくつか条件があると思います。(あくまでBLFの持論ですが笑)

◎展示場に行く場合は平日を狙う

→売れている営業マンは土日は打ち合わせが入っている

展示場に(土日)にいく場合は事前に電話でアポを取る

→事前に予約をすると、本気度が伝わり優秀な営業マンを当ててくれる可能性がある

→もし電話の相手が営業マンの場合、電話にすぐ出る営業マンはレスや対応が早い優秀な営業マンの可能性がある

です。

つまり、土日でアポなしで展示場に向かうと営業さんガチャが良くない可能性が高いのです。

パナソニックホームズの展示場は、
土日の昼間にアポなしで行ってしまいました。

ここで、展示場にいた営業さんが私たちの担当さんになった訳ですが

とにかく場数を踏んでなさそうというか・・売れてなさそうというか・・

大変失礼な話になってしまいますが、そのような印象をパナソニックホームズの営さんンさんに持ってしまいました。(主に妻が思いました。ごめんなさい。)

その後担当営業さんと打ち合わせや電話でのヒアリングをしていただいた訳ですが、このモヤモヤは最後まで取れなかったのです。

また、他のハウスメーカーの担当営業さんがとにかく優秀な人が多かったため物足りなさを感じてしまいました。

担当営業さんの評価を書いたブログはこちら↓

そのため、パナソニックホームズの商品や提案、間取りはそれなり良かったのですが、

一生に一回しかないかもしれない家づくりを

パナソニックホームズの担当営業マンに任せるのが不安になってしまった!!

というのが一つ目の理由です。

営業さんの大事さを痛感しました。

②、設計士さんが他社に比べて不安材料になってしまったから

続いての理由は、営業さんと同様に設計士が他社に比べて不安材料になってしまったからです。

営業さんも不安材料だったのに?!

こちらも理由について説明したいと思います。今回、私たちの担当となったパナソニックホームズの設計士さんはかなりご年配の方でした。

設計士

実は、もともと違う部署で全然違う仕事をしてたんですが
数年前に設計士の部署に異動になったんです。

年齢のお話しになった際も、

設計士

60歳まであと2.3年です。
まあ、この仕事楽しいので65歳以降も延長して働くかもしれません!

というお話しでした。

もちろん建築士の資格をお持ちで提案された間取りも素晴らしいものだったのですが、

たちがパナソニックホームズと打ち合わせをしていたのが2021年の3.4月頃で、実際にお家が完成するのが2022年の10月11月頃を予定しています。

そうなると、私たちのお家が完成する頃に定年になってしまう・・かも。

私たちが希望していた間取りは将来(10年前後)でLDKと隣合わせにしている子ども部屋を区切りたいと思っていたり簡単な相談を家づくり後も希望していたので年齢の部分に不安がありました。

これも他社比較になっちゃいますが、他のメーカーの設計士さんは30代か40代前半でした。

本当に失礼な話ですが、パナソニックホームズの設計士さんは年齢の部分が少し引っかかってしまいました。

実際に世代が違いすぎると生活様式なども違ったりするため、間取りに世代間ギャップが生じるなという感覚もあったため、できれば同じ年代か少し上くらいの年代との打ち合わせの方がしっくりきた気がします。

2つ目の理由は設計士さんが懸念点だったということでした。

③、値引き後の金額も高額だった

断った理由、最後の理由は値引き後の金額も高額だったからです。

これは仕方のない事なんですが・・・

パナソニックホームズの坪単価ですが、他のハウスメーカーに比べてとても高額となりました。

なんと、提案された内容で坪単価を算出したところ

パナソニックホームズ 坪単価:119万円(BLFファミリーの場合)

でした。た、高い…

ただ値段が高い理由にはいくつかありましたが、大きく値段を上げている要因はこの3つでした。

  • キラテックタイル
  • キッチン(キッチンハウス)
  • エアロハス(全館空調)

どれもパナソニックホームズ で建てるなら削れない部分だったためこのまま突き進みましたが、

キラテックタイル:300万円越え

キッチンハウス(提携外):400万円超え

エアロハス(全館空調):200万円程

とこの3つだけで900万円とかなり高額だったため、おのずと坪単価も高額になってしまいました。

うん、これは仕方ない。私たちが選んだのだから。笑

とはいえ、この3つも含めて納得のいく間取り、仕様にしてもらったところ、他社に比べても高額となってしまい、それであれば他社にするよね..ということもあり断ることになりました。

私たちの結論

というわけで以上の3つの理由から私たちはパナソニックホームズをお断りする事にしました。

一番の理由は営業マンと設計士さんが不安だったからという人的な理由でしたが、それ以外にも値引き後の金額も高額だったから(自分達のせい)という理由がありました。

パナソニックホームズで学んだ事は、
担当になる営業マンさんって大事だなってことです。

パナソニックホームズはハウスメーカー検討の最後の方で出会い、かなり短い期間で間取り作成、提案、金額提示、値引きなどの対応をしてくださりました。

担当営業さんも少し頼りなかったですが、私たちの要望を真摯に受け止め対応してくださる営業さんでした。

ただ、他のハウスメーカーに比べてお家づくりをこの人にお願いしたい!という気持ちにはなれず最終的にはお断りする運びとなりました。

こればっかりはご縁かなと思いますが、とっても感謝はしていますし、今でもパナソニックホームズは魅力的なハウスメーカーだな!と感じています。

ということでパナソニックホームズの断った理由は以上になります。

ハウスメーカー断った理由シリーズは次回、積水ハウスを予定しています。住宅メーカーの王者『積水ハウス』を断った理由はなんなのか乞うご期待ください!

ということで今回はこれで終わりになります。

最後まで読んでいただきありがとうございました!このブログはにほんブログ村に参加してランキング上位を目指しています。

面白かったよ〜という方は是非応援をよろしくお願いします😃

またコメントもいただけると励みになりますので、お気軽にしてくださいね😁

最近Instagramもやってます!

家づくりについての投稿もしてますので是非チェックしてくださいね✨

PVアクセスランキング にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

記事のもくじ