住友林業と契約した私たちが三井ホームを断った理由

私たちは土地を先に契約し現在は合計13社以上のハウスメーカー、工務店を検討しています。このブログは私たちがハウスメーカーなどを検討する過程、打ち合わせなどをまとめています。これから注文住宅を検討する方、打ち合わせ中の方などの何かの参考になれば嬉しいです。

自己紹介はこちらでさせていただきました。

あわせて読みたい
祝150記事!興味ない?BLFの自己紹介をしようと思います。 今回の記事はタイトルにもあるように記念すべき150記事目!!!✨ということで いままでお話したことがほぼない私たち自身のプロフィールについて話してみたいと思います...

今回はこれだけ三井ホームを検討していた私たちが

なぜ住友林業と契約し三井ホームを断ったのかについて書きたいと思います。

三井ホームは全館空調おしゃれな空間Lucasなど、色々惹かれる部分があると私たちは思っています。

それだけ三井ホームを思いながら最後はなぜ住友林業に敗れたのか?

今回はその理由を語っていこうと思います。

ただあくまでも私たちの場合はという話なので

三井ホームは素晴らしいハウスメーカーだと思います!

目次

三井ホームとの打ち合わせ

三井ホームとの打ち合わせ振り返り編が終わり、怒涛のリライト編も終了。

前編

あわせて読みたい
私たちの契約前の三井ホーム打ち合わせの振り返りをしてみます 前半戦 今回は、タイトルにもある通り、三井ホームの契約前の打ち合わせについて振り返ってみようと思います。 恥ずかしながら、私たちはマイホームを計画する前はハウスメーカ...

後編

あわせて読みたい
私たちの契約前の三井ホーム打ち合わせの振り返りをしてみます 後半戦 今回は、タイトルにもある通り、三井ホームの契約前の打ち合わせについて振り返ってみようと思います。 恥ずかしながら、私たちはマイホームを計画する前はハウスメーカ...

三井ホームの契約前の打ち合わせを振り返ると

  • 打ち合わせ自体は15回。
  • プラン複数回
  • 怒涛の5時間打ち合わせ
  • インテリアコーディネーターさん、設計士さんとの打ち合わせあり
  • 宿泊体験や構造見学
  • etc

と営業担当さんにはいろいろとたくさんの時間を割いてもらいました。

そしてそのくらい本気で検討したため、一時は三井ホームで建てようかな〜っと夫婦で話したくらいでした。

契約したいと本気で思ったね。

最終の3つの企業とは

ただ、その間も他社との打ち合わせも平行して行い、最終的には三井ホーム、ダイワハウス、住友林業の3社が横並び状態となりました。

三者みつどもえ状態だったね。

そして最後検討に検討を重ねて住友林業に決定しました!

というのはこのブログでも発表させていただきました。

あわせて読みたい
第61話 ついに決定。私たちのお願いするハウスメーカーを公開します! ここまで100回にわたり数々のハウスメーカー、工務店さんなどの展示場に伺い、色々なお話を伺い、打ち合わせを行っていただき、色々なことを検討させていただきました。...

ただ、その決定に至る裏側では

実は公開していない三井ホームとの最後の打ち合わせというものがありました。



三井ホームとの公開していなかった最終の打ち合わせ

その公開していなかった三井ホームとの最後の打ち合わせは構造見学の回の続きになります。(まだ読んでない方はぜひリンクからどうぞ!)

実は構造の見学の時は、最後3社をその週末に検討しお願いする会社を決定する!となったタイミングがでした。

つまり最終局面!

この構造の見学の回の後には、shushuをモチーフにしたモデルハウスを見学させていただくことになっており、そのまま移動することになりました。

そして車内でその週末には会社を決定しないといけないという状況だったこともあり、家族会議が行われます。

車内にて

実際三井ホームはいま少し劣勢だよね?

と率直な気持ちを妻が言います。

確かに結局その当時は最終局面でも3社の中で、一番最初に三井ホームが脱落することになったことからも一番懸念点が多かったという状態でした。

あわせて読みたい
第60話 最終局面 値引きが値引きを呼ぶ展開 これまで色々のハウスメーカーや工務店と打ち合わせをしてきてついに明日ハウスメーカー決定予定!(ブログ的には) ここで今までの状況をまとめつつ、最後の交渉に向か...

そうだね。やっぱり一番は設計士さんだよね。。

と夫も同意します。

そう、私たちは営業さんには絶大な信頼を置いていましたし、ほかの会社の営業さんと比較してもダントツだったのですが、肝心の設計士さんとの相性が。。。でした。

担当の設計士さんは中年男性で打ち合わせの時に一度タバコの匂いがしたこともあった方でした。

私たち夫婦はタバコの匂いが大の嫌いで、特に夫は本当に無理でした。

打ち合わせの時に匂いがするのは、耐えられないかもしれない。。

吸う吸わないは個人の自由だとは思っているので、吸っていること時間は問題ないのですが、匂いがするのはNG。

まさかのタバコの案件で大きく評価が下がっていました

最後だし懸念点はいっておく?

ただ、今まではそんなことを言っては申し訳ないとの思いがありずっと黙っていました。

ただ最終的になり、本気で検討したからこそ全ての思いも営業さんにぶつけておきたい!!

とそのあとのモデルハウスで営業さんに打ち明ける事にしました。

モデルハウスにて懸念点を伝える

モデルハウス自体は三井ホームらしいおしゃれな雰囲気でとっても可愛い感じでした。

やっぱりshushuは可愛いね。

と三井ホームのおしゃれさを再確認しました。

そして見学後に営業さんとお話をしました。

そろそろ決める感じですか?

そうですね。この週末に話し合って決めようと思います。

と返答しました。

そうなんですね。

三井ホームの懸念点は解消されましたか?

と聞かれたため上の懸念点をお伝えする事にしました。

実は設計担当さんが合わないというか、かくかくしかじかでしてそれが大きな懸念点になっています。

正直いうのはかなり迷ったのですが、率直な気持ちをお伝えしといたほうがいいと思って伝えました。

とついに言ってしましました。

そうだったんですね。私のチョイス(設計担当)が悪くてすいません。私も2人でかなり迷って決めたんですが、こっちじゃなかったですね。。

ただ言ってもらえてありがたいです。

設計担当は変えることができるので、もう一人考えていた私の師匠のような設計士がいて、その人に声をかけてもよければすぐに変更させてもらいます。

もともと三井ホームの担当の営業さんはかなり設計についても詳しく、間取りの詳細にかけるしなんなら設計士に口を出すレベルの方で、書いてもらった間取りも私たちはとっても気に入っていました。

なのでその基礎を教えてくれた設計士なら、かなりの確率で私たちにマッチするかもしれないなと率直に思いました。

そんなことができるんですか?

できるならお願いしたいです。ただ時間がないですよね。。

ただ懸念点はこの時点でその週末にハウスメーカーを決定する。という状態であるということ。

なので、ハウスメーカー決定までにその設計士さんに会うことはできず、フィットしない可能性が0ではない状態のままになってしまう。ということでした。

設計士さんに合わずに契約するのは心配があるよね。

と変更できると聞いても懸念点は残ってしまい、最終的には断る事になりました。(タバコ以外にも次に紹介する理由もありましたが)



他社と比べての三井ホームの懸念点(断った理由)

最後に三井ホームの断った理由についてまとめようと思います。

三井ホームの他社に比べての懸念点は大きく分けて3つあります。

  • 設計士が合わなかった
  • 間取りが20台向きだった
  • お得感を感じなかった(高額だった)

それぞれ、理由を説明していきます。

あくまで私たち個人的な話です。

①設計士が合わなかった

上でも紹介しましたが、この理由が三井ホームを辞めた一番大きい理由となります。

そもそもの設計士さんの設計力などが、他社(ダイワハウス、住友林業)2社の設計士さんに比べて私たちの中では一番評価が低かったです。

さらに、三井ホームの設計士の評価が良くなかった理由として

  • タバコ臭がきつかった
  • あまり会話が弾まなかった

と言う感じもあり、契約後の打ち合わせが楽しくできないかも?というのも懸念点になりました。

家の間取りを作成してくれる設計士さんも重要だよね!

ハウスメーカー選びにおいて営業マンは勿論大事ですが、営業マンと一緒またはそれ以上に設計士さんが重要と考えています。そんな

BLFファミリーとって、設計士さんとフィーリングが合わなかったのは大きな減点となってしまいました。

契約後も楽しく打ち合わせしたいし。。

②間取りが20代向きだった

続いては、間取りや内装に関してです。

今回、私たちは三井ホームのたくさんあるコンセプト商品の中からLucasを選択した訳ですが

このLucasの内装は若い層をターゲットとした商品です。

なので現在の私たちにとってもフィットしたわけですが、20年後とかの40代になった自分たちが住む家と考えた時に少し若い時に間取りを振りすぎていないかな?という懸念がありました。

三井ホームのLucasの詳しい記事はこちら

あわせて読みたい
第三弾!三井ホームの特徴の商品”光とゆとりと暮らす”Lucas(ルーカス)を深掘り 最後の三井ホームの打ち合わせはこちら https://buylandfirst-daiwahouse-sfc.com/mituihomepkouzou/ 私たちは三井ホームもかなり最後まで検討させていただきました。 ...

将来を想像したときに、Lucasの間取りは40.50代で住んでいる想像が出来なかった。

Lucasは開放的な間取りでどこか若いエネルギーがあるような家になっていたため、少し大人になり落ち着いた時に、ダイワハウスや住友林業のシックな雰囲気の間取りの方がフィットしていくのではないかと考えました。

妻に言われて確かにとは思いました。

年相応ってありますよね。

③お得感を感じなかった(高額だった)

三井ホームの金額は検討していた 他社(ダイワハウス、住友林業) に比べて見積金額が割高でした。

具体的な見積もり値段を出してないのでイメージしにくいかもですが、他社と比較して太陽光分くらい割高でした。

私たちは以前、間取りと見積りをいただいた8社を比較したblogを出しました。

この計算方法以外にも色んな方法でハウスメーカーの金額の比較もしてみたのですが、三井ホームは最終3社の中で一番高額でした。

ハウスメーカー選定はお金だけでは決めないけれど!

そもそも私たちはその家にいくら出せるか??で考える(値引率や値段だけのやすさは考慮しない)というのも心に決めて比較していました。なので、単に見積もりの値段が安いからココにする、高額だからココにしないはありませんでした。

ただ、それでも三井ホームは色々計算してみてお得感がありませんでした。

ちなみに余談ですが最終3社のうち、一番値引き額が大きかったのはダイワハウスでした。

値段のお得感はダイワハウスが一番弟子た。

私たちの結論

というわけで以上の3つの理由から私たちは三井ホームを断る事にしました。

一番は設計士さんとの相性というところでしたが、それ以外にも値段的なところLucasの間取りが若者っぽすぎるというものがありました。

ただ、値段に関しては交渉すればさらに値引きでしてくれそうな雰囲気もありましたが、設計の分で他社との大きく差がついてしまったため、たとえその時点で300万引かれたとしても契約しないと思ったのでそれすらしませんでした。

設計士さんがフィットすれば今頃三井ホームと打ち合わせを重ねていたかもしれません。

という事で今回は住友林業と契約した私たちが、15回以上打ち合わせした三井ホームを断った理由をお届けしました。

今後は積水ハウスやダイワハウス、パナソニックホームズなどについても同様の断った理由をご紹介していきたいと思います。

何かの参考になれば嬉しいです!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ブログ村に参加して、ランキング上位を目指しています。

面白かったという方は是非応援の下のアイコンをクリックをよろしくお願いします😃


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ

私たちのブログ村のプロフィール

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログ村のフォローはこちら


BLF@注文住宅を建てる - にほんブログ村

今回はこれで終わりになります。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ブログ村に参加して、ランキング上位を目指しています。

面白かったという方は是非応援の下のアイコンをクリックをよろしくお願いします😃


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ

私たちのブログ村のプロフィール

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログ村のフォローはこちら


BLF@注文住宅を建てる - にほんブログ村

これまでの記事のまとめはこちらからチェックしてみてください😀

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

とにかくおしゃれで地震に強い家が建てたい家族の奮闘記。ハウスメーカー選定にブログ100記事分悩んでついに決定!!!!現在は住友林業と契約し打ち合わせ中です。主に悩んだダイワハウス、三井ホーム、積水ハウスも含めていろいろとまとめていきます😊

目次
閉じる