住友林業【契約後】打ち合わせ 第17弾後編 色柄確認シートで最終確認

ブログに来ていただいてありがとうございます。

このブログはBLFというハウスメーカーを17社以上検討して住友林業と契約した施主が注文住宅を建てる過程を記録しているブログになります。

家を建てようと思ってからハウスメーカー検討→打ち合わせ→家の建築と家を建てる過程の全てでブログにのこし記録に残しています。これから家を建てる人、家を建築中の方に体験談も含めて色々実体験を200記事以上にまとめています。

なのでどこかに必ず参考になる記事があると思いますのでぜひ最後までご覧ください!

参考になると嬉しいです!

*間違っているなどあればできるだけ正しい情報を提供したいのでご指摘ください。

今回は住友林業の契約前の打ち合わせの最終回となるはずの回でした。そんな今回は色柄確認シートというのを用いて、打ち合わせで決定した仕様を確認していきました。

すんなり確認だけで終わった。。。と思いきや色々とまだまだ決めなければいけないことが…

色柄確認シートを用いて我が家の仕様も紹介していきますので、是非最後までご覧ください!

ついに打ち合わせが終わりになると思うと感慨深いです。

記事のもくじ

住友林業のこれまでのまとめ

契約前の内容はこちらでまとめました。

今まで契約後お打ち合わせはこちらです。

これまでの打ち合わせして決めた特徴

そしてこれまでの私たちの間取りのまとめとしては

家全体の特徴
  • 窓はリクシルのサーモスXのトリプルガラスに変更
  • 床材は1階挽き板のチーク、2階が無垢床エクセレントチーク
  • エアコンは3台設置予定。(LDK、寝室、WIC)
  • 照明はルイスポールセンなどで100万越えトムディクソンに変更 
  • セキュリティはアルソックで進める                
  • AtmophWindows2を導入する                   
1階(寝室階)の特徴
  • 洗面化粧台は永大産業の洗面化粧台 
  • 玄関のエコカラットはネオトラバーチン(ベージュ)
  • 1階のトイレは標準
  • 玄関扉は標準のYKK APのドア→三協アルミの高断熱ドア
  • 玄関のインターホンはパナソニック製
  • お風呂はTOTO(標準)で1618サイズ、きれい除菌水のオプションあり 
  • WICはモリスの壁紙を導入する
2階(リビング階)の特徴
  • リビング、LDK 20帖後半でリビングをとにかく重視
  • 洋室(子供部屋)はLDKと繋げてあとで壁を作る
  • ベランダ削除しキッズスペース作成
  • 天井高2400→2600への変更
  • 天井は勾配天井
  • キッチンはキッチンハウス→トーヨーキッチン(天板はティン)
  • トイレはネオレスト

となります。ということで早速打ち合わせ開始です!

外装仕上げから確認

まずは外装仕上げから確認していきます。ざっと色合わせチェックシートを見ていきます。

それはこちらでした。

屋根:コロニアルグラッサ→グラッサブラック

スレート用屋根板金→黒

リブ木目調V軒天LS→Kウッドミディアム

雨樋:ジェットラインJ 135→カーボンブラウン

外壁:SODO→美濃 ラフ仕上げ

外壁タイル:アンティグラン→ローズグレイ

ポーチ:グレイスランド→カラー12(グレー)

玄関ドア:プロノーバ(三協アルミ→ホットブラウン/スモークナット

窓:サーモスX(トリプルガラス→外ブラック/内ブラック

シャッター→ブラック

基礎まわり→グレー/ローラー塗仕上げ

こう見ると外壁はグレーっぽいSODOでそれ以外の窓枠やシャッターなどはブラックで統一されています。

SODOとは住友林業の限定の吹き付け外壁材です。

有名なシーサンドコートとは違い貝殻は入っていないため、キラキラはしていませんが、土壁をイメージした吹き付けで日本中の地域をイメージしているとのことです。

SODOの地図

私たちは美濃です。

美濃は岐阜県にある市で和紙とうだつのまちです。

このように全国の街をイメージして色合いが決められていますので、地元のものがあればそれを選ぶのも面白そうですね!

すみりん 設計さん

こちらは変更なしで良いですかね。

とこちらについては特に変更なしで進めていきます。

内装仕上げの確認

続いては内装について確認していきます。

内装材は今までその都度相談していたので、ざっと振り返るのははじめてです。

すみりん 設計さん

まずは床材から確認していきますね。

と始めます。

床材について

まずは床材についてです。床材は表にまとめるとこんな感じです。

スクロールできます
床材の場所種類商品名会社
洋室B、プレイルームB、廊下など無垢チークフローリング(120マルホン
プレイルームA無垢チークバスケットチェック張りマルホン
WIC挽板マホガニーアンティーク住友林業クレスト
寝室、物入れA、洋室A 挽板ウォルナットナチュラル住友林業クレスト
洗面脱衣室石材調EG-YP303フラットモルタルグレーパナソニック
納戸突板チークピュアナチュラル住友林業クレスト
サニタリーシートターナディペスコ/セルベジャンテ永大産業
床材まとめ

メインフロアである2階リビングにはマルホンのチークの無垢床を導入しています。

ここだけで100万以上かかるほどの我が家のこだわりポイントです。

1階は寝室がウォルナットWICがマホガニーです。こちらは住友林業の標準の中で選べる住友林業クレストの挽板となっています。そのため増額はなしです。

住友林業はこういう高級な床材が標準で導入できるのがメリットですね!

その他のサニタリールームなどは水に強い素材を選んでいます。洗面脱衣所の石材調のEG-YP303フラットは標準ではないみたいで、意外と数万円の増額がありました。ただ、永大産業の洗面台に合うようにこちらを選択しています。

結構高級感があって好みです。

壁仕上げ材

続いては壁に関してです。

壁の壁紙は始めは塩ビにしましたが、今は子供のことを考えて非塩ビクロスに変えました。

非塩ビクロスの品番:旭興株式会社 西部株式会社 SRE-K2005番

そのほかウォークインクローゼにはモリスの壁紙を採用しています。

です。

また、巾木に関しては基本的には床に合わす形で床材と同じ樹種としています。

例:寝室はウォルナットの床材なので、巾木もウォルナット

その他窓枠の色などについても選べるようでした。

今まで意識してなかったけど、大切ですね!

巾木などについて
巾木などについて

これも他社でも可能かも知れませんが、住友林業では結構バリュエーションがあるところかなと思います。

扉の色を決めていく

続いてはドアの色についてです。

ドアは住友林業では2400の天井までのハイドアで色もいろいろ選べます。

さすが住友林業クレストが関連会社にあるだけありますね!

ここについても基本的には床材のチークに合わせてチーク色を選択しました。

ここについては特に迷いはありませんでした。

収納の色は?玄関手すりはつけますか?

続いてはて収納玄関手すりなどについてです。

棚と玄関手すり
棚と玄関手すり

ここも基本的には住友林業クレスト製のフリーシェルフを導入予定です。ここに関してはあまり修正点はありませんでした。

ここで今まで決めていなかったことが一つ出てきます。それは

すみりん 設計さん

玄関の手すりって決めましたっけ?

手すりはまだ決めてない気がします。でも欲しいです。

と答えました。

住友林業のおうちのルームツアーを色々見てきましたが、いろんなおうちにあるこの天井までの高さの玄関手すりを導入したい!と思っていたため入れてもらうことにしました。

そしてカラーは床材に合わせてチークです。

収納については住友林業クレスト製の棚をウォークインクローゼットに導入予定です。

ここではカラーがホワイトとなっていたため、せっかくのクレスト製の棚を入れるので床材に合わせてマホガニーへ変更してもらいました。

棚が白いと統一感がなくなるからクレストの棚を入れたので、ここはマホガニーで統一していきます。

こういう細かいところまで、費用負担なく床材に合わせていくことができるのが住友林業のメリットですね。

階段の手すりはどうする?

続いては階段部分になります。

すみりん 設計さん

階段の手すりなんですが、今のところ標準のものがついています。
また、スケルトン階段の格子のところは手すり判定にならないので、その部分にも手すりがつきます。

うちの階段。

と上のようにこんなに手すり感があるのに、手すりと判定されないなんて….笑 と嘆いてもしょうがありません。

そうなんですね。それなら手すりも標準の一個うえのやつとかありますか?

と聞いてみます。

すみりん 設計さん

あります。標準でも結構かっこいいとは思いますが、
2つあります。

それがこの2つです。片方が実物、片方がパンフレットですが。

左側は無垢でできている手すり、右側がクレスト製の少し木材感が出ている手すりです。

これだと無垢の方がかっこいいですかね?

無垢に惹かれる夫。ただ設計士さんより

すみりん 設計さん

見た目は良いのですが、肝心の持ちやすさは無垢の方は少し悪いです。
横より縦の方が太いため、結構いい意味でも悪い意味でも目立ちます。

と否定的。確かに写真のように縦が長いとすると結構持ちにくいかもしれません。ストレートの階段のため転んだら危険ということもあり、ここは設計士さんのアドバイスを参考にして右の手すりにする方針としました。

最後は水回りの色を確認する

最後は浴槽や洗面脱衣所、トイレなど水回り関係の色を確認していきます。

こちらはしっかりと打ち合わせをおこなったところのため簡単な確認だけとなりました。そして迷いに迷って決めたネオレストの色はホワイトで行くことにしました。

水回りについてはしっかり打ち合わせをしたため修正はありませんでした。

ということでざっとでしたが色柄確認シートを用いての確認が終わりました。最後に名前をサインして終了です。

すみりん 設計さん

ありがとうございます。これで終わりになります。

と最後?の打ち合わせが終了しました。

まとめ

今回は住友林業との契約後の打ち合わせの最終局面の色柄確認シートを用いての確認を行いました。

始めはなんで色合わせ?と思いましたが、色合わせチェックシートを確認することで、さまざまなところの色が本当に良いのかということをチェックすることができ、おしゃれに気をつかっている住友林業らしい確認方法だなと感じました。

色さえ間違ってなければ大抵のことはオッケーです(笑)

ということで今回はこれで終わりになります。

最後まで読んでいただきありがとうございました!このブログはにほんブログ村に参加してランキング上位を目指しています。

面白かったよ〜という方は是非応援をよろしくお願いします😃

PVアクセスランキング にほんブログ村

これまでの記事のまとめはこちらからチェックしてみてください😀

これまでの内覧会はこちらです。

次回はこちら

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

記事のもくじ
閉じる